[ ここから本文です ]

お客さまと共に取り組む医療関係機関への寄付について

~医療関係者のみなさまへ感謝を伝える取り組みを、お客さまとともに~

お客さまのインターネット取引(三菱UFJダイレクト等)の利用等に応じ、MUFGから最大5億円を日本赤十字社をはじめとする医療関係機関に寄付させて頂きます。

概要

企画名

おうち生活で感謝を届けよう #おうちでMUFG

実施期間

2020年5月15日(金)~1年間
但し、上限額(5億円)に到達次第終了

対象取引

期間内に以下のいずれかの取引をインターネット(アプリ・Web)等で実施

【個人のお客さまによる以下の取引】

  • スマート口座開設(アプリ・Web)を利用した口座開設
スマート口座開設について、くわしくはこちら
  • 三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)を利用したお取引
  • 振込・振替
  • ペイジー決済(税金・各種料金)
  • Eco通帳(インターネット通帳)への切り替え
  • キャッシュカードの暗証番号の再登録
  • 住所・電話番号の変更
  • 円定期預金のお取引
  • 投資信託・外貨預金のお取引
三菱UFJダイレクトについて、くわしくはこちら
  • かんたん手続アプリを利用した各種手続
  • 住所・電話番号の変更
  • キャッシュカードの使用不能再発行
  • キャッシュカードの利用限度額変更
  • キャッシュカード・通帳の喪失再発行(Eco通帳への切替えも含む)
  • キャッシュカード・通帳の発見届
かんたん手続アプリについて、くわしくはこちら
  • 各種カードの当行インターネット(アプリ・Web)経由での新規申込
  • 当行公式Twitterアカウント(@mufgbk_official)に投稿される本企画ツイートをリツイート(5/18投稿)
  1. 対象取引は、予告なく変更となる場合があります。

寄付単価

対象取引1件あたり39円

寄付先

日本赤十字社、公益財団法人 全日本病院協会

その他の取り組みについて

上記の取り組みに加え、グループ6社(MUFG、株式会社三菱UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行株式会社、三菱UFJ証券ホールディングス株式会社、三菱UFJニコス株式会社、アコム株式会社)では、学生の進学・生活および芸術活動の継続等に対し、以下の取り組みを実施・検討してまいります。
  • 学生の進学および生活に対する12億円の寄付・支援
  • 意欲や能力があるにもかかわらず、コロナ影響等の経済的理由で進学を諦めたり、病気や災害等で親を亡くした子どもたちを支えたいとの想いから、「日本学生支援機構」および「あしなが育英会」に対し、それぞれ5億円、計10億円の寄付を実施。
  • 学生にアルバイトの場を提供することを目的に、非対面アンケートやインタビュー調査を実施。若者のニーズを収集し、新商品・新サービスの開発に活用(合計2億円)。
  • 芸術活動の継続に対する3億円の寄付
  • 人々の心を潤し暮らしを豊かにする芸術活動の継続を支援したいとの想いから、「公益社団法人 日本オーケストラ連盟」に対し、3億円の寄付を実施。
  • 医療産業支援を目的とする100億円規模の投資ファンド立ち上げの検討
  • 治療薬・ワクチンの研究開発・製造に取り組む企業等、新型コロナウイルス感染症により顕在化した社会課題の解決に資する優れた技術・サービスを持つ企業を支援することを目的とした100億円規模の投資ファンドの立ち上げを検討。
(2020年5月15日現在)