3.目論見書・報告書の見方・読み方

戻る

取引内容を確認する書類

取引残高報告書(照合通知書)の見方・読み方

投資信託の残高やお取引内容の明細などを確認できる報告書です。お取引があった場合、3ヵ月ごと(3・6・9・12月の末日基準)のお取引がまとめて作成され、原則として翌月中旬に郵送(*)されます。
対象期間中にお取引がない場合は作成されませんが、投資信託口座に残高がある場合は、1年に1回は作成されます。

  • (*)Eco通知をお申し込みの方は、Eco通知でお知らせします。

お預かり残高の明細

取引残高報告書(照合通知書)
  • 当見本は今後変更となる場合があります。
    また、当見本に記載のファンドを勧誘・推奨するものではありません。
口座種別

投資信託をお預かりしている口座の種別が確認できます。特定口座・NISA口座・一般口座などがあります。

時価単価

月末最終平日窓口営業日時点でのファンドの基準価額が確認できます。
なお、実際にファンドを換金する際の換金価額とは異なります。

個別元本

お客さまごとのファンド購入時(約定日)の基準価額が確認できます。収益分配金が、普通分配金となるか、元本払戻金(特別分配金)となるかの目安になります。元本払戻金(特別分配金)が出た場合などは変動しますので、必ずしも購入価格とは一致しません。

  • 2000年3月31日以前に追加型株式投資信託を購入されている場合、2000年3月31日の平均信託金を個別元本としています。
    単位型投資信託、外国投資信託の場合、個別元本を有しないため、「約定金額の累計(手数料、消費税を除く)÷口数累計」を参考までに記載しています。
簿価単価(円)

簿価単価の表記は口座によって異なります。特定口座・NISA口座は販売手数料を含めた取得単価、一般口座は販売手数料を除いた購入単価となります。

換算相場(円)

外貨建てのファンドの場合、円建てでの評価額を確認するために、為替相場を確認する必要があります。「基準日の当行公表相場TTMより為替手数料を差し引いた相場」が記載されています。

  • 為替手数料は、米ドル建ての場合50銭。
時価評価額(円)

月末最終平日窓口営業日時点でのお預かりしているファンドの時価評価額が確認できます。評価額ですので、解約した際に受け取れる金額とは異なります。

評価損益額(円)

月末最終平日窓口営業日時点でのお預かりしているファンドの損益の評価額が確認できます。特定口座・NISA口座の場合は取得単価と、一般口座の場合は個別元本と比較して算出されます。実際に解約した場合に得られる損益とは異なります。

  • 一般口座における購入時の手数料、換金時の信託財産留保額・税金等が考慮されていないため、実際の換金時の損益額とは異なります。

このページの先頭へ

お取引の明細

取引残高報告書(照合通知書)
  • 当見本は今後変更となる場合があります。
    また、当見本に記載のファンドを勧誘・推奨するものではありません。

掲載期間における(受渡日到来済み)取引の明細が確認できます。購入・解約・償還・分配金の受取・分配金の再投資などが対象となります。

このページの先頭へ

お預かり公募投資信託の分配金

取引残高報告書(照合通知書)
  • 当見本は今後変更となる場合があります。
    また、当見本に記載のファンドを勧誘・推奨するものではありません。

ファンドの銘柄ごとに、年初から作成基準日までの分配金の累計額が確認できます。「特定口座内での損益通算対象の分配金(普通分配金のみ)」には、「源泉徴収あり」の特定口座で保有しているファンドの普通分配金が記載されています。
「特定口座内での損益通算対象外の分配金」には、「源泉徴収なし」の特定口座やNISA口座、一般口座など、「源泉徴収あり」の特定口座での損益通算の対象にならないファンドの分配金が記載されています。

このページの先頭へ

分配金を含めた累計の運用損益

取引残高報告書(照合通知書)
  • 当見本は今後変更となる場合があります。
    また、当見本に記載のファンドを勧誘・推奨するものではありません。

運用開始日からこれまでに受け取った分配金や売却して得た損益を合計した累計額が確認できます。

購入時から現在までの成果を表す「トータルリターン」

ファンドは、一度購入したら売却までそのまま保有しているとは限りません。状況に応じて何度か追加で購入することもあれば、一部ずつ何度かに分けて解約する場合もあるでしょう。その間、分配金受取を選択していれば、収益分配金を受け取っています。そのため、そのファンドで、トータルではどれくらいの利益になっているのか、あるいは損失となっているのかを確認しておく必要があります。

トータルリターンは、得られた収益(解約して得られた金額と受け取った分配金の合計)と現在保有している分の評価額の合計が、投資額に対してどれくらい増えているのか、あるいは減っているのかを計算した投資の成果です。ここでは「分配金を含めた累計の運用損益」がトータルリターンに該当します。
(トータルリターンの詳細は「トータルリターンから考える」を参照)

このページの先頭へ

1.投資信託の選び方

2.投資信託購入後のチェックポイント

投資信託保有期間中のチェックポイント

3.目論見書・報告書の見方・読み方

購入時に確認する書類

取引内容を確認する書類

このページの先頭へ

(2019年2月28日現在)