投資信託口座およびNISA口座の開設には、個人番号のご提示が必要です。お申し込みにあたっては、個人番号が確認できる書類をお手元にご準備のうえ、お手続きください。なお、すでに当行に個人番号をお届出いただいている場合、ご提示は不要です。

NISA(少額投資非課税制度)早分かり!NISAについて、はじめての方にも分かりやすく紹介します。

NISA

一括投資またはつみたて投資による年間120万円までの投資額に対する利益が非課税になる制度です。
投資対象の株式投資信託は、国内外の債券・株式・不動産投資信託等の多彩なラインアップからお選びいただけます。
ご資産の運用方法を臨機応変に考えたい方に、おススメの制度です。

  • 特長1
    年間120万円までの投資が非課税に

毎年120万円の非課税投資枠を上限とし最長5年間、最大600万円までの投資から得た利益が非課税となります。

  • 特長2
    一括投資・つみたて投資どちらも可能

購入方法は、一括投資(まとまった額で購入)またはつみたて投資(毎月一定額を自動的に購入)、どちらもお取引いただけます。

  • 特長3
    多彩な商品ラインアップ

株式投資信託・上場株式等が対象となります。当行では株式投資信託のみお取り扱いしています。当行の多彩な株式投資信託ラインアップから自由にお選びいただけます。

こんなお客さまはNISA


  • 多彩なラインアップから自由に選びたい
  • 相場の動きに応じて機動的に購入したい
  • まとまった額の購入つみたて購入
    どちらも選びたい
  • 非課税投資枠を最大限活用したい

毎年、NISA・つみたてNISAどちらを利用するかご選択いただけます。ただし、同じ年にNISA・つみたてNISAの併用はできません。
NISAからつみたてNISAの変更または、つみたてNISAからNISAへの変更をご希望されるお客さまで、変更しようとする年の非課税投資枠を利用(購入や分配金再投資)された場合は、その年の非課税投資枠は変更できません。

  • 当サイトでは、非課税口座内の各年(1月~12月)の非課税管理勘定・累積投資勘定を非課税投資枠と称しています。
  • 今後の法令・制度の変更等により、内容は変更となる可能性があります。
  • 税務や法律に関する個別、具体的なご対応には必ず税理士・弁護士等の専門家とご相談ください。

NISA早分かりスライド

NISA(少額投資非課税制度)早分かり!左にフリックしてスライドをみる NISA(ニーサ)について、はじめての方にも分かりやすく紹介します。
①NISAって何? 個人投資家のための税制優遇制度です。一般口座・特定口座 20.315%* NISA口座 税率0% *復興特別所得税が付加された税率(2014年1月1日以降)
②何が優遇されるの? 株式投資信託や上場株式などへの投資から得られる譲渡益や配当等が非課税になります。
③いくらまで投資できるの? 年間お一人さま120万円まで投資することができ、その投資から得られる収益は、5年間非課税となります。
④総額いくらまで投資できるの? 非課税となる投資総額は最大で600万円(120万円×5年間)となります。
⑤非課税期間(5年間)が終了したらどうするの? 選択肢は2つです。①新たな投資枠に移行 ②課税口座に移行※一般口座または特定口座を指します。
⑥途中で売却できるの? いつでも売却できます。※売却した場合、売却部分の非課税投資枠を再利用することはできません。
⑦未利用の非課税投資枠は繰り越しできるの? 未利用の非課税投資枠を翌年以降に繰り越すことはできません。
⑧どうしたらNISAを利用できるの? NISA口座の開設が必要です。※あらかじめ、または同時に投資信託の専用口座または証券総合口座の開設が必要です。
⑨誰でもNISA口座を開設できるの? 日本に居住する20歳以上の方であれば開設可能です。
⑩どこから申し込めるの? 下記「口座開設」ボタンよりお申し込みください。

長期間のつみたて投資をご希望で
年間40万円以内の投資であれば

つみたてNISAでの
投信つみたてがおススメです。

くわしくはこちら

NISA口座をすでにお持ちのお客さまで、当行に2017年9月末までに当行での個人番号(マイナンバー)をお届出いただいたお客さまは、2018年以降もNISA口座を利用いただけます。2017年9月末までに個人番号(マイナンバー)のお届出が完了していない場合、2017年10月以降に個人番号(マイナンバー)を申告のうえ、再度NISA口座をご開設いただく必要があります。

マイナンバー制度についてくわしくはこちら

スーパー普通預金(メインバンク プラス)をご利用のお客さまは、お取引内容に応じてPontaポイントが毎月たまります!

「スーパー普通預金(メインバンク プラス)」をお持ちで、月内に投信つみたて(継続購入プラン)の自動振替が行われた場合、1万円ごと(*1)に30Pontaポイントたまります!

さらに、運用商品残高に応じて、毎月Pontaポイントがたまります!

  • ※NISA口座・つみたてNISA口座、課税口座での取引が対象です。

投信つみたて(1万円ごと)30Pontaポイント/月運用商品残高 (50万円以上)50Pontaポイント/月

  • (*1)
    外貨つみたてとの合算金額で判定します。加算するポイントの上限は300P/月です。
  • (*2)
    運用商品残高は、外貨預金、投資信託、公共債、金融商品仲介、MUFGファンドラップの月末合計残高が50万円以上の場合対象となります。

<変更内容のご案内>

2021年6月13日(日)よりお申し込み受付を開始しているメインバンク プラス ポイントサービスについて、以下の通り改定しました。

  • (1)改定内容:
    「投信つみたて・外貨つみたて」の加算ポイントに上限(300P/月)を設けます。
  • (2)改定日時:
    2021年6月18日(金)午前0時以降のポイントサービス申込および「投信つみたて・外貨つみたて」のご契約から適用します。

メインバンク プラス ポイントサービスの加算ポイント上限設定について

  • ※Pontaポイントをためるには、「三菱UFJダイレクト」のご利用(ログインパスワード・Eメールアドレス登録)とポイントサービスのお申し込みが必要です。

インターネットバンキングでの取引方法

インターネットバンキングをご利用いただくには、三菱UFJダイレクトのご契約が必要です。

三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)

三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)のおススメポイント 窓口に行く必要がなく、24時間365日いつでもお取引できます。 スマートフォンやパソコンから、どこでもお取引できます。 登録・年会費無料。

三菱UFJダイレクトでNISA

NISA・つみたてNISAの口座開設はこちら

口座開設(三菱UFJダイレクトにログイン)

NISA・つみたてNISAの口座をお持ちの方はこちら

お取引(三菱UFJダイレクトにログイン)

  • NISA・つみたてNISAの口座開設には、投資信託口座が必要です。 くわしくはこちら
  • 三菱UFJダイレクトのログインパスワード登録がお済みでない方はこちら
  • 他金融機関で2018年以降のNISA口座を既に開設しているお客さまは、金融機関変更のお手続きが必要です。
    廃止通知書の提出を伴うNISA口座開設のお手続きは、店頭のみでのお取り扱いとなります(三菱UFJダイレクトではお申し込みいただけません)。

電話でのお問い合わせ [三菱UFJ銀行コールセンター[運用商品(保険を除く)]] 0120-860-777 投資信託サービスメニュー 3→2 9:00~18:00(1/1~1/3、5/3~5/5はご利用いただけません。)