外貨でコツコツつみたて。円預金が低金利の今、外貨預金を考えてみようかな?

外貨預金には元本割れとなるリスクがあります。くわしくは、はじめにこちらをお読みください。

三菱UFJダイレクトなら、いつでもお取引できます!

毎月自動でつみたてるから預け入れのタイミングを悩まない
イメージ

初めての運用では、預け入れのタイミングを見極めるのが難しいもの。つみたてなら、毎月決まった日に一定金額を自動的に預け入れるので、相場動向に右往左往することもありません。

毎月1,000円(*)から気軽にスタート
イメージ

少額からコツコツつみたてができるので、資産運用は初めてという方でも気軽に始められます。


(*)Eco通知(インターネット通知)ご利用のお客さまがインターネットバンキングからお申し込みの場合。

かしこくつみたてる方法(ドル・コスト平均法)
イメージ

毎月、一定の円貨額で継続して外貨を預け入れることにより、円高の時には多く預け入れでき、逆に円安の時には少なく預け入れることになるので、平均預入単価を低く抑える効果が期待できます。

たとえば月々1万円分ずつ米ドルを購入した場合 1米ドルあたり平均コスト 約100.86円 たとえば月々100ドルずつ米ドルを購入した場合 1米ドルあたり平均コスト 約101.08円
  • ※ドル・コスト平均法は、お預入後の為替変動リスクを低減するものではありません。
  • ※記載の数値は、実際の為替の動きとは無関係です。
選べる6通貨! 通貨分散で為替変動リスクを抑える
イメージ

外貨を保有すると為替変動の影響を受けますが、複数の通貨に分散することでリスクを抑えることが期待できます。

米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、英ポンド、スイスフラン

三菱UFJダイレクトなら、いつでもお取引できます!

外貨預金をお申し込みの際は、次の点にご注意ください。
  • 為替相場の変動により、円貨を外貨にする際(預入時)の為替相場に比べ、外貨を円貨にする際(引出時)の相場が円高になると引出円貨額が預入円貨額を下回る(円貨ベースで元本割れとなる)場合があります(為替変動リスクがあります)。
  • 円貨を外貨にする際(預入時)および外貨を円貨にする際(引出時)は手数料がかかります。預入・引出時には手数料分を含んだ為替レートである当行所定のTTSレート・TTBレートをそれぞれ適用します。為替相場に変動がない場合でも、往復の為替手数料がかかるため引出円貨額が預入円貨額を下回る(円貨ベースで元本割れとなる)場合があります(TTSレートとTTBレートには、たとえば1米ドルあたり最大2円、1ユーロあたり最大3円、1英ポンドあたり最大8円、1オーストラリアドルあたり最大4円、1ニュージーランドドルあたり最大4円、1スイスフランあたり最大1円80銭、その他通貨は1通貨あたり最大16円の差があります)。異なる通貨の外貨からお預け入れいただく場合の手数料につきましては窓口にてご確認ください。
  • 外貨預金は預金保険制度の対象ではありません。
  • 外貨現金での預入・引出、外貨T/C(トラベラーズチェック)での預入に際しては、手数料がかかります。なお、外貨T/Cでの引出はできません。
    外貨現金:
    たとえば1米ドルあたり預入時2円(外貨定期預金・外貨貯蓄預金の場合1円)・引出時1円80銭、その他通貨は1通貨あたり最大8円。
    外貨T/C:
    預入時には当行所定の立替利率(日々変動いたします)がかかります。
    ※店舗および外貨T/Cの発行体によってはお取り扱いできない場合がありますので事前にご相談ください。
  • 個人のお客さまの場合、原則として20歳以上のご本人さまによるお取引とさせていただきます。
  • 為替相場に急激な変動があった場合、取り扱いを中断することがあります。
  • くわしくは窓口またはホームページの説明書をご覧ください。

三菱UFJダイレクトなら、いつでもお取引できます!

株式会社三菱UFJ銀行

(2019年2月15日現在)