SWIFT BIC

SWIFT BIC(SWIFT コードともいう)は、銀行間通信網(SWIFT)において銀行を特定する コードで、8桁または11桁のアルファベットと数字で構成されています。
なお、SWIFTは、外国送金等において利用される国際通信手段で、国際銀行間金融通信協会(Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication)の略称であり、BICはBank Identifier Codeの略称です。

<コード体系>

例えば、BICコードが“BOTKJPJT”の場合

  • ※銀行の代表的なBICコードの場合、支店・部署のコードがないため、総桁数は8桁となります。
    なお、その場合、支店・部署のコード3桁をXXXとし、11桁で表記することもあります。
  • ※外国送金で指定される受取人取引銀行のBICコードは、8桁の代表的な拠点(本店等の事務集中拠点)であることが多く、その場合、受取人の口座店の情報は、口座番号(IBAN等の支店情報を含む番号) または国別銀行コードのいずれかで伝達されるのが一般的です。
  • ※BICコードの金融機関名または金融機関のBICコードは、SWIFT(スイフト)のホームページで検索することができます。(新しいウィンドウを開きます。 http://www.swift.com/jp/

このページの先頭へ