価格変動リスク

当ファンドは、投資信託証券への投資を通じて、主にインドの株式に投資を行います。株式の価格は、内外の政治・経済情勢、株式を発行する企業の業績および信用状況等の変化の影響を受け変動します。実質的に組入れた株式の価格が下落した場合は、基準価額の下落要因となります。これらの場合、投資元本を割り込むことがあります。また、インフラ関連の株式へ集中的に投資を行うため、分散投資した場合に比べて基準価額が大きく変動する場合があります。

為替変動リスク

為替相場は投資対象国の政治経済情勢、通貨規制、資本規制等の要因により大きく変動します。当ファンドは、実質的に保有する外貨建資産について、原則として為替ヘッジを行いませんので、為替相場が円高方向に変動した場合には、基準価額が下落する要因となります。これらの場合、投資元本を割り込むことがあります。

信用リスク

有価証券等の発行者の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、当該有価証券等の価格が大きく下落(価格がゼロになることもあります。)することがあります。実質的に組入れた有価証券等にこうした事態が起こった場合は、基準価額が下落する要因となります。これらの場合、投資元本を割り込むことがあります。

流動性リスク

組入れた有価証券等の市場規模が小さく取引量が少ない場合、あるいは市場が急変した場合、当該有価証券等を売却する際に、希望する時期や価格で売却できない場合や、買い手不在で売却ができない可能性があり、不利益を被る可能性があります。また、当ファンドの一部解約代金の支払資金手当てのために、実質的に保有する有価証券等を大量に売却する場合には、市場動向や流動性等の状況により、基準価額の下落要因となる可能性があります。これらの場合、投資元本を割り込むことがあります。

カントリー・リスク

当ファンドは、投資信託証券への投資を通じて、主としてインドの株式に投資を行います。そのため、当該国の政治、経済および社会情勢の変化により、市場が混乱した場合、または取引に対して新たな規制が設けられた際にはファンドの基準価額が大きく変動する可能性があります。これらの場合、基準価額が下落する要因となり、投資元本を割り込むことがあります。一般にエマージング・カントリーへの投資は先進主要国の市場と比較して、市場規模が小さく流動性の低い市場も含まれるため、株価の値動きが大きくなる傾向が想定されます。また、先進主要国の経済と比較して当該国の経済は脆弱である可能性があるため、インフレ、国際収支、政治・社会不安の悪化等が株式市場や為替市場に及ぼす影響は先進国以上に大きいものになることが予想されます。

投資対象とする外国投資法人の設定地および投資対象国における税制変更に関するリスク

当ファンドが投資対象とする外国投資法人の設定地または投資対象国において、将来税制が変更された場合には、基準価額に影響を与える可能性があります。これらの場合、基準価額が下落する要因となり、投資元本を割り込むことがあります。

このウィンドウを閉じる

このページの先頭へ