[ ここから本文です ]

住宅ローン 新たにお借り入れをお考えのお客さま

  • 新たにお借り入れをお考えのお客さま
  • 金利コース
  • ご利用の特典
  • シミュレーション
  • お借り入れまでの流れ
  • 相談・申込

3大疾病保障充実タイプ (金利上乗せ型)

安心の保険料タイプはこちら

3大疾病保障充実タイプ がんの診断や、脳卒中・急性心筋梗塞の入院で住宅ローン残高が0円に! 対象期間中お借入金利から年-0.1% 対象:2018年11月1日(木)〜2019年9月30日(月)までに正式にお申し込みいただき、2020年4月30日(木)までにお借り入れいただけるお客さま ※本優遇は予告なく期間を変更する場合があります。 お支払方法 住宅ローン金利+年0.3%-年0.1%

  • 補償内容
  • お支払方法
  • 安心の特長

補償内容

3大疾病(悪性新生物(がん)・脳卒中・急性心筋梗塞)で所定の状態になったとき、住宅ローン残高が0円に。

悪性新生物(がん)※上皮内がんを除きます。 診断されたら※90日間の待機期間があります 脳卒中急性心筋梗塞 入院したら 4つの生活習慣病※悪性新生物・脳卒中・急性心筋梗塞で所定の状態以外の罹患も同補償。 就業障害が30日を超えて継続したら 月間返済額を最長1年補償 就業障害が1年30日を超えて継続したら 住宅ローン残高0円

  • ※いかなる業務にも従事できない(就業障害)状態についてくわしくは新しいウィンドウを開きます。こちら
  • ※上皮内がんについてくわしくはこちら
  • ※ローンお借入日の翌々月の初日からが、保険責任対象期間となります。保険責任対象期間開始前に発病した7大疾病による就業障害につきましては、保険金のお支払対象とならない場合があります。
  • ※告知の内容(過去の病歴等)によりご加入いただけない場合があります。
  • ※保険金ご請求の際にご注意いただきたいことがあります。くわしくはこちら
  • 3大疾病(①悪性新生物(がん)※上皮内がんを除く。 ②脳卒中 ③急性心筋梗塞)で所定の状態に該当した場合
  • 「所定の状態」の概要(詳細は必ず重要事項説明書・約款をご確認ください)
  • 悪性新生物の診断確定(*1)がなされた場合
  • 脳卒中を発病し、その疾病により言語障害、運動失調、麻痺等の他覚的な神経学的症状が急激に発生し、かつ、CT(コンピュータ断層撮影法)またはMRI(磁気共鳴映像法)によってその責任病巣が医師(*2)により確認され、その治療を直接の目的として入院を開始した場合
  • 急性心筋梗塞を発病し、冠動脈に狭窄あるいは閉塞があることが、心臓カテーテル検査によって医師(*2)により診断され、その治療を直接の目的として入院を開始した場合
  • (*1) 
    病理組織学的所見(*3)により、医師または歯科医師(*4)によってがんと診断されることをいいます。ただし、病理組織学的所見が得られない場合には、引受保険会社が、その他の所見による診断確定を認めることがあります。
  • (*2) 
    引受保険会社が日本の医師と同等と認めた日本国外の医師を含みます。なお、被保険者が医師である場合は、被保険者以外の医師をいいます。
  • (*3) 
    生検を含みます。
  • (*4) 
    日本の医師または歯科医師の資格を持つ者をいい、引受保険会社が認めた日本国外の医師または歯科医師の資格を持つ者を含みます。被保険者が医師または歯科医師の資格を持つ者である場合は、被保険者以外の医師または歯科医師の資格を持つ者をいいます。
  • 待機期間とは、保険期間の初日からその日を含めて90日を経過した日の翌日の午前0時より前のことをいいます。この間に診断確定がなされても、保険金支払の対象外です。
  • 保険料は当行負担となります。

お支払方法

ご契約の住宅ローン金利に年0.3%上乗せ

住宅ローン金利+年0.3% 年-0.1%

対象:2018年11月1日(木)〜2019年9月30日(月)までに正式にお申し込みいただき、
2020年4月30日(木)までにお借り入れいただけるお客さま

  • ※本優遇は予告なく期間を変更する場合があります。
  • ※金利優遇は延滞が発生した場合、特約金利を取り消し、適用金利を引き上げさせていただく場合があります。
  • ※保険料は銀行負担となります。

追加負担額例

【借入条件】借入金額: 2,000万円(ボーナス月増額返済なし) 借入期間:35年 借入金利: 年1.5% 返済方法:元利均等返済 7大疾病住宅ローン 通常の住宅ローン 金利 年1.7% 年1.5% 月々の返済額(概算) 63,215円 61,236円 追加負担額は月々約2,000円!

このページの先頭へ

安心の特長

特長1

加入時の診断書等は不要。

保険のご加入にあたって、医師の診査や診断書等は一切不要です。お客さまの告知のみでご加入いただけます。
※告知の内容(過去の病歴等)により、ご加入いただけない場合があります。

特長2

専門家による介護・生活・医療等の相談サービスをお電話・ホームページにてご利用いただけます。

ご加入者専用のサービスです。
新しいウィンドウを開きます。くわしくはこちら

このページの先頭へ

たいせつなご注意事項

  1. ご注意事項1告知の内容によりご加入いただけない場合があります。

    過去に悪性新生物(がん)や脳卒中等「告知書」記載の病気にかかったことがある方等、告知の内容によりご加入いただけない場合があります。

    • ※「告知書」は窓口にご用意しています。
  2. ご注意事項2上皮内がんは保険金お支払いの対象外となります。

    上皮内がん(上皮内新生物)とは、がんが粘膜の一番上の上皮内にとどまっていて、粘膜の一番下を構成している基底膜がまだ破壊されていない状態をいいます。
    臨床的には、代表例として子宮頸部の上皮内がん・大腸の粘膜内がん(悪性腫瘍細胞の広がりが粘膜固有層にとどまっている状態)等をあげることができます。また、胃がん・肺がん等のように特定部位の名称を称したがんとは異なり発生部位を特定した疾病定義ではありません。

  3. ご注意事項3新しいウィンドウを開きます。いかなる業務にも従事できない(就業障害)状態とは

  4. ご注意事項4他にもご注意いただきたいことがあります。

    • 保険金をご請求いただいた場合、引受保険会社による医師の診断書による審査、または主治医への照会のために、保険金のお支払いまでにお時間をいただくことがあります。
    • 住宅ローンのご返済は、保険金のお受取期間中も継続いたします(毎月のローン返済額の保険金は、住宅ローンのご返済とは別に、ご加入の際にお客さまにご指定いただきましたローン返済用口座にお支払いいたします)。
    • 7大疾病で就業障害となり、その就業障害期間の途中で、その疾病を理由としてやむを得ず会社を退職した場合でも、医師が認定する就業障害期間は、保険金お支払いの対象となります。
    • 保険金のお支払期間(てん補期間)は1事故あたり1年間とします。なお、就業障害終了後、6ヵ月を経過した日までに同一の身体障害によって就業障害が再発した場合には同一の事故とみなし、保険金をお支払いします。
    • ご不明な点は、お問い合わせ先にご連絡ください。

3大疾病保障充実タイプ 商品詳細 新しいウィンドウを開きます。くわしくはこちら

保険始期:2018年5月以降の約款は 新しいウィンドウを開きます。こちらPDF

保険始期:2019年5月以降の約款は 新しいウィンドウを開きます。こちらPDF

このページの先頭へ

損害保険会社募集文書番号:18-T09136
2019年2月作成

どうして疾病保障が必要なの? 意外と知らない病気とお金について くわしくはこちら

関連リンク

住宅ローンの金利コースはこちらから。

お借入可能額の目安、返済プランなどを調べたい方はシミュレーションへ。

よくあるご質問

(2019年3月1日現在)

このページの先頭へ