[ ここから本文です ]

外貨定期優遇プラン

外貨定期優遇プラン/2020年7月1日(水)0:00~2020年9月30日(水)23:59適用利率/インターネットバンキング 円貨から10万円相当額以上のお預け入れ/1年物 米ドル 年1%(税引後 年0.796%)/1ヵ月物 米ドル 年3.5%(税引後 年2.788%)/3ヵ月物 米ドル 年2%(税引後 年1.593%)/1ヵ月物 豪ドル 年4%(税引後 年3.187%)/3ヵ月物 豪ドル 年1%(税引後 年0.796%)/1年物 豪ドル 年0.2%(税引後 年0.159%)/為替手数料(預入時)米ドル1ヵ月物・3ヵ月物25銭 豪ドル50銭
  1. 初回期間限りの適用利率となります。満期日以降は同期間で自動継続し、ご継続時点の店頭表示利率を適用します。
  2. 2020年6月2日現在、外貨定期預金「ホット定期」(1ヵ月物)に10万円相当額お預け入れの場合の店頭表示利率は次の通りです。米ドル年0.01%(税引後 年0.007%)、豪ドル 年0.05%(税引後 年0.039%)。

「すでに」三菱UFJダイレクトに
ご契約されている方
 
「まだ」三菱UFJダイレクトに
ご契約されていない方
 
外貨定期優遇プラン
申込方法 インターネットバンキング(パソコン・スマートフォン)、窓口
ご利用いただける方 個人のお客さま
預入資金 円貨
対象商品 【インターネットバンキング(パソコン・スマートフォン)】
外貨定期預金「ホット定期」(1ヵ月物・3ヵ月物・1年物)
インターネット外貨定期預金(1ヵ月物・3ヵ月物・1年物)

【窓口】

外貨定期預金「ホット定期」(1ヵ月物・3ヵ月物・1年物)

申込金額 【インターネットバンキング(パソコン・スマートフォン)】
10万円相当額以上
  • 1回あたりのご利用限度額は1億円未満かつ999,999米ドル相当額以下です。また、1日あたりのご利用限度額は円貨から外貨預金へのご入金取引の全てをあわせ1億円未満となります。

【窓口】

100万円相当額以上

中途解約

【外貨定期預金「ホット定期」、インターネット外貨定期】

原則として中途解約はお取り扱いしません。ただし、当行がやむを得ないものと認めて優遇利率適用期間中に中途解約した場合、優遇利率は適用されません。その場合、解約日における外貨普通預金利率を適用します。

  • 三菱UFJダイレクトでは中途解約のお取り扱いはできません。
適用相場

【インターネットバンキング(パソコン・スマートフォン)】

外国為替市場実勢相場を反映したレート(リアルタイムレート)を適用します。

【窓口】
外貨預金のお取引に適用される為替レートは、主に次の2種類の当行公表相場です。

TTS:円貨から外貨に交換するときの適用レート

TTB:外貨から円貨に交換するときの適用レート

ただし、お預け入れまたはお引出金額が10万米ドル相当額超となった場合の適用相場は、市場実勢相場を参考に当行が決定する相場を適用します。

利息

たとえば、円貨から外貨定期預金「ホット定期」(米ドル)1ヵ月物に15,000米ドルお預け入れの場合、得られる利息は次の通りです。

1ヵ月(30日):15,000米ドル×年3.5%×30日÷360日=43.75米ドル(税引前利息)
43.75米ドル-税金8.88米ドル=34.87米ドル(税引後利息)

ご留意事項
  • 本プランは金利環境・為替相場の変化等により、事前の周知なく適用利率・条件等を変更またはお取り扱いを中止させていただく場合があります。
  • 他の優遇を合わせてご利用いただくことはできません。
  • インターネットバンキングでのお申し込みは、2020年7月1日(水)0:00~2020年9月30日(水)23:59受付完了分が対象です。システムメンテナンス等によりご利用いただけない時間帯があります。
  • 本プランは、テレフォンバンキング等でのお取引は対象外です。
  • 対象となる外貨定期預金「ホット定期」・インターネット外貨定期預金について、くわしくは、窓口またはホームページの説明書をご覧ください。
  • 利息に対する税金は、復興特別所得税が付加されることにより、2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間、20.315%の源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)となります。税引後の利率や利息額は20.315%の税率で計算しています。なお、税引後の利率は目安であり、小数点第4位以下を切り捨てて表記しています。
  • 外貨預金の預入・引出における為替差損益についての税務に関わる個別・具体的な対応については、税理士・公認会計士等とご相談ください。

「すでに」三菱UFJダイレクトに
ご契約されている方
 
「まだ」三菱UFJダイレクトに
ご契約されていない方
 
外貨定期優遇プラン/米ドル 2020年7月1日(水)~2020年9月30日(水)適用利率/窓口 円貨から100万円相当額以上のお預け入れ/1年物 年1%(税引後 年0.796%)/1ヵ月物 年3.5%(税引後 年2.788%)/3ヵ月物 年2%(税引後 年1.593%)/為替手数料(預入時)通常1円→50銭
  1. 初回期間限りの適用利率となります。満期日以降は同期間で自動継続し、ご継続時点の店頭表示利率を適用します。
  2. 2020年6月2日現在、外貨定期預金「ホット定期」(1ヵ月物)に10万円相当額お預け入れの場合の店頭表示利率は次の通りです。米ドル年0.01%(税引後 年0.007%)。

窓口でのお取引をご希望の方はご来店予約いただくと混雑時でも優先的に受付が可能です。 
外貨定期優遇プラン
申込方法 インターネットバンキング(パソコン・スマートフォン)、窓口
ご利用いただける方 個人のお客さま
預入資金 円貨
対象商品 【インターネットバンキング(パソコン・スマートフォン)】
外貨定期預金「ホット定期」(1ヵ月物・3ヵ月物・1年物)
インターネット外貨定期預金(1ヵ月物・3ヵ月物・1年物)

【窓口】

外貨定期預金「ホット定期」(1ヵ月物・3ヵ月物・1年物)

申込金額 【インターネットバンキング(パソコン・スマートフォン)】
10万円相当額以上
  • 1回あたりのご利用限度額は1億円未満かつ999,999米ドル相当額以下です。また、1日あたりのご利用限度額は円貨から外貨預金へのご入金取引の全てをあわせ1億円未満となります。

【窓口】

100万円相当額以上

中途解約

【外貨定期預金「ホット定期」、インターネット外貨定期】

原則として中途解約はお取り扱いしません。ただし、当行がやむを得ないものと認めて優遇利率適用期間中に中途解約した場合、優遇利率は適用されません。その場合、解約日における外貨普通預金利率を適用します。

  • 三菱UFJダイレクトでは中途解約のお取り扱いはできません。
適用相場

【インターネットバンキング(パソコン・スマートフォン)】

外国為替市場実勢相場を反映したレート(リアルタイムレート)を適用します。

【窓口】
外貨預金のお取引に適用される為替レートは、主に次の2種類の当行公表相場です。

TTS:円貨から外貨に交換するときの適用レート

TTB:外貨から円貨に交換するときの適用レート

ただし、お預け入れまたはお引出金額が10万米ドル相当額超となった場合の適用相場は、市場実勢相場を参考に当行が決定する相場を適用します。

利息

たとえば、円貨から外貨定期預金「ホット定期」(米ドル)1ヵ月物に15,000米ドルお預け入れの場合、得られる利息は次の通りです。

1ヵ月(30日):15,000米ドル×年3.5%×30日÷360日=43.75米ドル(税引前利息)
43.75米ドル-税金8.88米ドル=34.87米ドル(税引後利息)

ご留意事項
  • 本プランは金利環境・為替相場の変化等により、事前の周知なく適用利率・条件等を変更またはお取り扱いを中止させていただく場合があります。
  • 他の優遇を合わせてご利用いただくことはできません。
  • インターネットバンキングでのお申し込みは、2020年7月1日(水)0:00~2020年9月30日(水)23:59受付完了分が対象です。システムメンテナンス等によりご利用いただけない時間帯があります。
  • 本プランは、テレフォンバンキング等でのお取引は対象外です。
  • 対象となる外貨定期預金「ホット定期」・インターネット外貨定期預金について、くわしくは、窓口またはホームページの説明書をご覧ください。
  • 利息に対する税金は、復興特別所得税が付加されることにより、2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間、20.315%の源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)となります。税引後の利率や利息額は20.315%の税率で計算しています。なお、税引後の利率は目安であり、小数点第4位以下を切り捨てて表記しています。
  • 外貨預金の預入・引出における為替差損益についての税務に関わる個別・具体的な対応については、税理士・公認会計士等とご相談ください。

窓口でのお取引をご希望の方はご来店予約いただくと混雑時でも優先的に受付が可能です。 

外貨預金の便利なサービス

為替相場の変動を逃さず取引していただくために
為替レートアラートメール・為替レート通知サービス 

お客さまがあらかじめ登録した為替レートの条件に、実際の為替レートが到達したときにEメールやプッシュ通知でお知らせします。

外貨預金をお申し込みの際は、次の点にご注意ください。

  • 為替相場の変動により、円貨を外貨にする際(預入時)の為替相場に比べ、外貨を円貨にする際(引出時)の相場が円高になると引出円貨額が預入円貨額を下回る(円貨ベースで元本割れとなる)場合があります(為替変動リスクがあります)。
  • 円貨を外貨にする際(預入時)および外貨を円貨にする際(引出時)は手数料がかかります。預入・引出時には手数料分を含んだ為替レートである当行所定のTTSレート・TTBレートをそれぞれ適用します。
    為替相場に変動がない場合でも、往復の為替手数料がかかるため引出円貨額が預入円貨額を下回る(円貨ベースで元本割れとなる)場合があります(TTSレートとTTBレートには、たとえば1米ドルあたり最大2円、1ユーロあたり最大3円、1英ポンドあたり最大8円、1オーストラリアドルあたり最大4円、1ニュージーランドドルあたり最大4円、1スイスフランあたり最大1円80銭、その他通貨は1通貨あたり最大16円の差があります)。異なる通貨の外貨からお預け入れいただく場合の手数料につきましては窓口にてご確認ください。
  • 外貨預金は預金保険制度の対象ではありません。
  • 外貨現金での預入・引出、外貨T/C(トラベラーズチェック)での預入に際しては、手数料がかかります。なお、T/Cでの引出はできません。
    外貨現金:
    たとえば1米ドルあたり預入時2円(外貨定期預金・外貨貯蓄預金の場合1円)・引出時1円80銭、その他通貨は1通貨あたり最大8円。
    外貨T/C:
    預入時には当行所定の立替金利(日々変動いたします)がかかります。
  • 店舗によってはお取り扱いできない場合がありますので事前にご相談ください。
  • 個人のお客さまの場合、原則として20歳以上のご本人さまによるお取引とさせていただきます。
  • 為替相場に急激な変動があった場合、取り扱いを中断することがあります。
  • くわしくは窓口またはホームページの説明書をご覧ください。
株式会社三菱UFJ銀行
(2020年7月1日現在)

お問い合わせは「三菱UFJ銀行コールセンター」まで。

電話番号、利用時間、サービスメニュー等についてはこちらからご確認ください。