管理会社による公告の掲載について(お知らせ)

2019年11月19日

債権者各位

第4回 アルゼンチン共和国 円貨債券(1996)保有者の皆様へ
第5回 アルゼンチン共和国 円貨債券(1999)保有者の皆様へ
第6回 アルゼンチン共和国 円貨債券(2000)保有者の皆様へ
第7回 アルゼンチン共和国 円貨債券(2000)保有者の皆様へ

管理会社は、標記各債券(以下「本債券」といいます。)について、本債券の保有者の債権の実現を保全するため、2009年6月29日に、アルゼンチン共和国を被告として、本債券の債権(元利金及び遅延損害金)の全額の支払を請求する訴訟(以下「本件訴訟」といいます。)を提起して、訴訟を継続してまいりました。

本件訴訟について、東京高等裁判所が本年10月29日に判決を言渡し、本年11月12日に同判決が確定して、本件訴訟が終結しました。このため、債券の管理会社は、本日付で日本経済新聞に公告を掲載致しましたので、お知らせ致します。

公告文は別紙PDF新しいウィンドウを開きます。をご覧ください。

債券の管理会社

第4回債
株式会社新生銀行(代表管理会社)
株式会社三菱UFJ銀行
株式会社みずほ銀行

第5、6、7回債
株式会社三菱UFJ銀行

(この「お知らせ」についてのご照会窓口)
株式会社三菱UFJ銀行 ソリューションプロダクツ部
ローン・キャピタルマーケットグループ 証券市場ミドルチーム

代表電話番号  03‐3240‐1111

受付時間平日 午前9 時~午後5 時
(土曜・日曜・祝日および12/31~1/3 等を除く)

ページトップ