[ ここから本文です ]

未償還額面総額変更の公告

債権者各位

第4回 アルゼンチン共和国 円貨債券(1996)

第5回 アルゼンチン共和国 円貨債券(1999)

第6回 アルゼンチン共和国 円貨債券(2000)

第7回 アルゼンチン共和国 円貨債券(2000)

 標記各債券についてアルゼンチン共和国が実施したエクスチェンジ・オファーに対し、全回号合計で1,807億97百万円(エクスチェンジ・オファーの申込期限である本年2月25日時点の未償還額面総額1,915億円の94.4%)が参加し、決済されました。決済された参加債券はその後消却され、各回号の未償還額面総額は以下の通り変更されました。今後、各回号について、債権者集会(各債券の要項第12項)の招集請求、定足数及び決議に必要な議決権数は消却後の未償還額面総額を基準に算定されることになりますので、ここに公告致します。

  消却後 (消却前)
第4回アルゼンチン共和国円貨債券 (1996) 3,855百万円 (50,000百万円)
第5回アルゼンチン共和国円貨債券 (1999) 500百万円 (20,000百万円)
第6回アルゼンチン共和国円貨債券 (2000) 3,663百万円 (60,000百万円)
第7回アルゼンチン共和国円貨債券 (2000) 2,685百万円 (61,500百万円)

債権の管理会社

第4回債 株式会社新生銀行、株式会社東京三菱銀行
株式会社みずほコーポレート銀行
第5、6、7回債 株式会社東京三菱銀行

以上

  • ※上記内容は、6月14日付日本経済新聞紙上にて公告実施済みのものです。

(平成17年6月14日現在)

このページの先頭へ