[ ここから本文です ]

エクスチェンジ・オファーの日程の変更について

アルゼンチン共和国円貨債券保有者の皆様へ

 アルゼンチン共和国(以下「ア共和国」といいます。)は、11月24日に、当初予定日である11月29日には債務再編の一環として予定していた新債券の募集を全世界一斉に開始することができないことを理由に、日本を含む世界各国において新債券募集手続の日程を変更する旨発表しましたので、以下にお知らせ致します。

日程 変更前 変更後
開始日 2004年11月29日 2005年1月17日
前期締切日 2004年12月17日 2005年2月4日
最終締切日 2005年1月17日 2005年2月25日

 アルゼンチン共和国円貨債券(以下「本債券」といいます。)の債券の管理会社である当行は、グローバルコミッティーの一員として、引き続きア共和国に対し債務再編案の条件の改善及び誠意ある交渉の開始を求めて参ります。しかし、ア共和国は、日本においても11月16日に関東財務局に新債券募集のための有価証券届出書の提出を行っており、エクスチェンジ・オファー自体は変更後の日程で進めていく意向のようです。当行は、債券の管理会社として、ア共和国が日本市場において債務再編手続を進めるにあたり、本債券についての債務再編案に関する具体的な条件を可及的速やかに本債券の保有者(以下「本債権者」といいます。)へ開示すべきこと、そして、本債権者の皆様に債務再編案に対する賛否をご判断頂くため債権者集会を招集、開催すべきこと等をア共和国及び代理人に要請しております。今後、詳細が判明次第、皆様にお知らせいたします。

以上

(平成16年11月29日現在)

このページの先頭へ