ページの先頭です
浮世絵特別展 「広重・豊国合作 雙筆五十三次」

雙筆(そうひつ)五十三次 「竪大判錦絵 丸屋久四郎版」

三代豊国(歌川国貞)が人物を描き、歌川広重が風景を描くという、合作の東海道五十三次です。この組み合せは、嘉永6年(1853)に「豊国にかほ(似顔)、国芳むしゃ(武者)、広重めいしょ(名所)」と評された当時人気の浮世絵師のうちの2名であり、いわばスター浮世絵師の得意分野での競演という趣があります。各宿場あて1枚ずつに、目録1枚を加え、全体で56枚からなります。
画面上部に広重が宿場の風景を描き、下半分は三代豊国(歌川国貞)が人物を役者絵・美人画とりどりに描いています。人物画は、宿場に関係する風俗や戯曲、故事、説話に取材するものが多く、当時の人々が、各地の風景を「文学的」な関心に添って見ていたであろうことを想像させてくれます。

目録   日本橋   江尻

目録

日本橋

江尻

岡部   掛川   宮

岡部

掛川

石薬師    

石薬師

 

くわしくはこちら

歌川広重についてもっと知りたい人はこちら