[ ここから本文です ]

短期ハイ・イールド債ファンド(為替ヘッジあり)2014-03

(本ファンドは現在販売を停止しております)

  • ファンドの特色

    Now Printing

    日本を除く先進国*1の米ドル建のハイ・イールド債券*2を主要投資対象とし、信用リスクに配慮しつつ相対的に利回りが高いと判断される債券に投資します。当ファンドは、信託期間が約4年9ヵ月の単位型投資信託です。投資する債券は、当ファンドの信託期間終了前に満期を迎える短期の債券*3に限ります。原則として対円で為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減をはかります。主要投資対象とする投資信託証券は、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント・インク(以下、「MSIM」)が運用を行います。

    • *1 
      先進国とは、OECD(経済協力開発機構)加盟国とします。OECDは、国際経済全般について協議することを目的とした国際機関です。
    • *2 
      当ファンドにおいて「ハイ・イールド債券」とは、格付機関による格付がBB+格相当以下*4の社債をいいます。また、社債には、政府が出資する法人等が発行する債券を含みます。
    • *3 
      当ファンドにおいて「短期の債券」とは、当ファンドの信託期間(約4年9ヵ月)終了前に満期を迎える債券をいい、満期までの期間が1年未満の債券に限りません。
    • *4 
      S&P社、Moody's社およびFitch社の格付のうち最も高い格付が適用されます。また、これら3格付機関のいずれも格付を付与していない場合には、MSIMが、同等の信用格付状況にあるかを判断します。

ファンドのリスク

当ファンドへの投資にあたっては、主に金利変動リスク(債券価格変動リスク)、為替変動リスク、信用リスク(デフォルト・リスク)、流動性リスク、再投資リスク等を伴うため、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。

  • お申込メモ
  • 運用情報
お取引方法
  • 銀行
    • 窓口
    • オペレータ
商品分類/投資対象

単位型投信/海外/債券

購入申込

平成26年3月10日〜平成26年3月28日
(本ファンドの募集は終了しました)

信託設定日

平成26年3月31日

信託期間

平成30年12月21日まで

購入単位

1万円以上1円単位

  • ※購入単位には購入時手数料(消費税込)が含まれます。
購入価額

1口当たり1円

購入時手数料

購入金額×3.15%(消費税抜3.00%)

  • ※購入金額=購入価額(1口当たり)×購入口数
換金申込

原則として、いつでもお申し込みができます。
ただし、以下の日はお申し込みできません。

  • ニューヨーク証券取引所の休業日、ニューヨークの銀行の休業日、ルクセンブルグの銀行の休業日

クローズド期間

なし

換金価額

換金申込受付日の翌平日窓口営業日の基準価額

信託財産留保額

ありません。

換金手数料

ありません。

換金代金の支払日

換金申込受付日より6平日窓口営業日目以降

収益分配

年1回の決算時(原則として毎年12月21日、土・日・祝日等の場合は翌平日窓口営業日)に分配方針に基づき分配を行います。
ただし、分配対象収益が少額の場合には、分配を行わないことがあります。

運用管理費用(信託報酬)

純資産総額に対して年率1.2528%(消費税込)(消費税抜年率1.1600%)
[実質的な運用管理費用(信託報酬)]年率1.7528%程度(消費税込)(概算)(年率1.6600%程度(消費税抜)(概算))
くわしくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

その他の費用・手数料

監査費用、有価証券等の売買・保管、信託事務にかかる諸費用等についても各ファンドが負担します。
監査費用は、日々の純資産総額に対して、年率0.00432%(消費税込)以内をかけた額とします。監査費用以外のその他の費用・手数料については、売買条件等により異なるため、あらかじめ金額または上限額等を記載することはできません。
くわしくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

設定・運用(委託会社)

三菱UFJ国際投信株式会社

受託会社

三菱UFJ信託銀行株式会社

(平成27年10月1日現在)

このページの先頭へ