[ ここから本文です ]

スマート・プロテクター90(限定追加型)2016-12

  • ファンドの特色

    スマート・プロテクター90(限定追加型)2016-12

    主として日本を含む世界各国の株式・公社債および短期金融資産(預金含む)等に実質的な投資を行います。
    スワップ取引を通じて株式・債券等への実質的な資産配分比率および投資比率を調整し、基準価額の下落を「フロア水準*」までに抑えることをめざして運用します。
    基準価額がフロア水準以下となった場合には、短期金融資産による安定運用に切り替えた後、速やかに繰上償還します。
    信託期間が5年の限定追加型の投資信託です。
    原則として年1回決算を行い、収益分配方針に基づいて分配を行います。

    • 「フロア水準」とは基準価額がこれを下回らないよう目標とする水準です。

ファンドのリスク

当ファンドへの投資にあたっては、主に価格変動リスク・為替変動リスク・信用リスク・流動性リスク・カントリー・リスク等を伴うため、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。また、ファンドは金融市場の下落時に基準価格の下落をフロア水準までに抑えることをめざして運用を行いますが、損失が常に一定範囲に限定されるものではありません。各種費用やマイナス金利の影響等により、基準価額がフロア水準を下回ることがあります。基準価額がフロア水準以下に下落してから繰上償還が行われるまでに日数を要することがあります。また、満期償還日までの期間が短い場合には繰上償還を行わない場合があります。

  • お申込メモ
  • 運用情報
お取引方法
  • 銀行
    • 窓口
    • インターネット
    • オペレータ
  • 仲介
    • 窓口
    • インターネット
商品分類/投資対象

追加型投信/内外/資産複合

購入申込

平成28年12月29日〜平成29年3月31日

  • ※平成29年4月1日以降、購入のお申込みはできません

次のいずれかに該当する日には、購入はできません。

  • フランクフルト証券取引所、ニューヨーク証券取引所、ロンドンの銀行、ダブリンの銀行、パリの銀行のいずれかが休業日の場合

信託設定日

平成28年12月29日

信託期間

平成33年12月28日

購入単位

1万円以上1円単位

  • ※購入単位には購入時手数料(消費税込)が含まれます。
購入価額

購入申込受付日の翌平日窓口営業日の基準価額

  • ※基準価額は1万口当たりで表示されます。
購入時手数料

ありません。

換金申込

原則として、いつでもお申し込みができます。
ただし、以下の日はお申し込みできません。

  • フランクフルト証券取引所、ニューヨーク証券取引所、ロンドンの銀行、ダブリンの銀行、パリの銀行のいずれかが休業日の場合

換金価額

換金申込受付日の翌営業日の基準価額

信託財産留保額

ありません。

換金手数料

ありません。

換金代金の支払日

換金申込受付日より7営業日目以降

収益分配

年1回の決算時に分配を行います。ただし、分配対象収益が少額の場合には、分配を行わないことがあります。
収益分配金の支払いは、信託財産から行われます。したがって純資産総額の減少および基準価額の下落要因となります。
収益分配金は税金を差引いた後、原則として再投資されます。

  • ※分配金を再投資せず、お客さまの指定口座にご入金するお取扱いを希望される場合は、分配金出金(定期引出契約)をお申込みください。
運用管理費用(信託報酬)

純資産総額に対して年率1.0044%(消費税抜年率0.9300%)

[実質的な負担]
当ファンドの純資産総額に対して、年率1.3044%程度(消費税税抜年率1.2300%程度)

  • ※基準価額がフロア水準以下となった場合、翌日以降の実質的な負担は、当ファンドの純資産総額に対して、年率0.0324%程度(消費税税抜年率0.0300%程度)

くわしくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

その他の費用・手数料

投資先ファンドの運用には以下の項目を含む費用が別途かかり、投資成果全体から控除されます。

  • スワップ取引にかかる費用
    (スワップ取引での実質的な投資金額に対して)
    モルガン・スタンレー・アンド・カンパニー・インターナショナル・ピーエルシーへの報酬 年率0.25%
    モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント・リミテッドへの報酬 年率0.30%
    損失を投資元本に限定するための費用や、取引執行手数料等も実質的な投資金額に対して別途かかります。
  • ※上記の費用については、投資比率が変動するため、あらかじめ金額または上限額等を記載することはできません。

以下の費用・手数料についてもファンドが負担します。

  • 監査法人に支払われるファンドの監査費用
  • 有価証券等の売買時に取引した証券会社等に支払われる手数料
  • 有価証券等を海外で保管する場合、海外の保管機関に支払われる費用
  • その他信託事務の処理にかかる諸費用 等
  • ※上記の費用・手数料については、売買条件等により異なるため、あらかじめ金額または上限額等を記載することはできません。

くわしくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

設定・運用(委託会社)

三菱UFJ国際投信株式会社

受託会社

三菱UFJ信託銀行株式会社

  • ※購入時手数料は予告なく変更となることがあります。

(平成28年11月28日現在)

このページの先頭へ