[ ここから本文です ]

米ドル建て好金利債券ファンド(為替ヘッジあり)/(為替ヘッジなし・早期償還条項付)2014-11(愛称:イールド・コレクション)

(本ファンドは現在販売を停止しております)

  • ファンドの特色

    Now Printing

    米ドル建ての債券(投資適格債券およびハイイールド債券)等を主要投資対象とし、主として利子収益の確保をめざします。
    組入れにあたっては、投資適格債券を中心とし、発行体の信用状況等を勘案しつつ利回りの高い銘柄に投資を行います。
    投資対象国は、原則としてJPモルガンEMBIグローバル指数*1およびJPモルガンCEMBIブロード指数*2の構成国のうち、流動性等を勘案して投資可能と委託会社が判断した国とします。ただし、将来変更になる場合があります。
    当ファンドは信託期間が約5年の単位型投資信託です。
    原則として、信託期間内に償還を迎える米ドル建ての債券等に投資を行い、償還まで保有します。
    「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし・早期償還条項付」の異なる2つのファンドからお選びいただけます。
    「為替ヘッジあり」は、原則として為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減を図ります。
    「為替ヘッジなし・早期償還条項付」は、基準価額が11,500円以上となった場合には、安定運用に切り替えた後、速やかに償還します。
    債券等の運用にあたっては、シュローダー・インベストメント・マネージメント・ノースアメリカ・インクに運用の指図に関する権限を委託します。

    • *1 
      J.P.モルガン・セキュリティーズ・エルエルシーが算出し公表している米ドル建ての新興国国債および国債に準じる債券のパフォーマンスを表す指数です。
    • *2 
      J.P.モルガン・セキュリティーズ・エルエルシーが算出し公表している指数で、米ドル建ての新興国社債の代表的なインデックスです。

ファンドのリスク

当ファンドへの投資にあたっては、主に市場リスク、信用リスク、流動性リスク、カントリーリスクを伴うため、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。

  • お申込メモ
  • 運用情報
    • <為替ヘッジあり>
    • <為替ヘッジなし・早期償還条項付>
お取引方法
  • 銀行
    • 窓口
    • オペレータ
商品分類/投資対象

単位型投信/海外/債券

購入申込

平成26年11月10日〜平成26年11月27日
(本ファンドの募集は終了しました)

信託設定日

平成26年11月28日

信託期間

平成31年11月14日まで

購入単位

1万円以上1円単位

  • ※購入単位には購入時手数料(消費税込)が含まれます。
購入価額

1口当たり1円

購入時手数料

購入金額×3.24%(消費税抜3.00%)

  • ※購入金額=購入価額(1口当たり)×購入口数
換金申込

原則として、いつでもお申し込みができます。
ただし、以下の日はお申し込みできません。

  • ニューヨーク証券取引所の休業日、ニューヨークの銀行の休業日、その他ニューヨークにおける債券市場の取引停止日

クローズド期間

なし

換金価額

換金申込受付日の翌平日窓口営業日の基準価額−信託財産留保額

信託財産留保額

換金申込受付日の翌平日窓口営業日の基準価額×0.7%

換金手数料

ありません。

換金代金の支払日

換金申込受付日より6平日窓口営業日目以降

収益分配

年1回の決算時(原則として毎年11月14日、土・日・祝日等の場合は翌平日窓口営業日)に分配方針に基づき分配を行います。ただし、分配対象収益が少額の場合には、分配を行わないことがあります。

運用管理費用(信託報酬)

純資産総額に対して年率1.4364%(消費税抜年率1.33%)
くわしくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

その他の費用・手数料

売買委託手数料等、監査費用、外国での資産の保管等に要する費用等を信託財産からご負担いただきます。
これらの費用は運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を表示することができません。
くわしくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

設定・運用(委託会社)

三菱UFJ国際投信株式会社

受託会社

三菱UFJ信託銀行株式会社

(平成27年10月1日現在)

このページの先頭へ