[ ここから本文です ]

ピクテ・ゴールド

  • ファンドの特色

    ピクテ・ゴールド

    投資信託証券への投資を通じて、金の現物に投資し、米ドル建ての金価格の値動きを概ねとらえることをめざします。原則として為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減を図ります。また、年1回決算を行います。

    <世界的に普遍的な価値が認められている「金」>
    「金」はそのもの自体に価値を持ちます。
    例えば債券は、発行企業や発行国等が破綻した場合、元本を回収できないリスクがありますが、発行元が存在しない「金」は、誰の信用も必要としません。また、何千年もの歴史を持つ「金」は、その長い歴史のなかで一度も無価値になったことがなく、世界中ほぼ同価格で取引が行われています。

ファンドのリスク

当ファンドへの投資にあたっては、金の価額変動リスク、為替変動リスク等を伴うため、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。

  • お申込メモ
  • 運用情報
お取引方法
  • 銀行
    • 窓口
    • インターネット
    • オペレータ
    • 継続
  • 仲介
    • 窓口
    • インターネット
商品分類/投資対象

追加型投信/海外/その他資産(商品)

購入申込

原則として、いつでもお申し込みができます。
ただし、以下の日はお申し込みできません。

  • スイスまたはロンドンの銀行の休業日および12月24日ならびに当該日の2営業日前の日

信託設定日

平成23年12月28日

信託期間

無期限

購入単位

1万円以上1円単位

  • ※購入単位には購入時手数料(消費税込)が含まれます。
  • 〔投資信託口座のみ〕
  • ※継続購入プラン(インターネットバンキングのみ)をお申し込みの場合:1万円以上1円単位(Eco通知ご利用のお客様は1,000円以上1円単位)
購入価額

購入申込受付日の翌平日窓口営業日の基準価額

購入時手数料

購入金額に2.16%(消費税抜2.00%)の率を乗じて得た額とします。

  • ※購入金額=購入申込受付日の翌営業日の基準価額×購入口数
換金申込

原則として、いつでもお申し込みができます。
ただし、以下の日はお申し込みできません。

  • スイスまたはロンドンの銀行の休業日および12月24日ならびに当該日の2営業日前の日

換金価額

換金申込受付日の翌営業日の基準価額

信託財産留保額

ありません。

換金手数料

ありません。

換金代金の支払日

換金申込受付日より7営業日目以降

収益分配

年1回の決算時に、収益分配方針に基づき分配を行います。
収益分配金は、税金を差引いた後、決算日の基準価額により自動的に無手数料で全額再投資されます。
分配金を再投資せず、お客さまのご指定口座にご入金するお取り扱いを希望される場合は、別途「分配金出金(定期引出契約)」をお申し込みください。

  • ※必ず分配を行うものではありません。
運用管理費用(信託報酬)

純資産総額に対して年率0.5292%(消費税抜年率0.49%)

[実質的な負担]
当ファンドの純資産総額に対して、最大年率0.8692%(消費税抜年率0.83%)程度

くわしくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

その他の費用・手数料

信託事務に要する諸費用(信託財産の純資産総額の年率0.054%(消費税抜0.05%)相当を上限とした額)が毎日計上されます。当該諸費用は、監査法人に支払うファンドの財務諸表の監査に係る費用、目論見書、運用報告書等法定の開示書類の作成等に要する費用等です。組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料等および外国における資産の保管等に要する費用等(これらの費用等は運用状況等により変動するため、事前に料率、上限等を示すことができません。)が、そのつど信託財産から支払われます。また、フィジカル・ゴールド・ファンドについては、申込み・買戻し時に取引コスト相当額が申込価格に付加または買戻価格から控除され、当該ファンドの信託財産に留保されます。投資先ファンドにおいて、信託財産に課される税金・監督当局に対する年次費用、弁護士への報酬、監査費用、有価証券等の売買に係る手数料等の費用が当該投資先ファンドの信託財産から支払われることがあります。

設定・運用(委託会社)

ピクテ投信投資顧問株式会社

受託会社

三菱UFJ信託銀行株式会社

(平成29年7月3日現在)

このページの先頭へ