個人向け国債の募集のお申し込みにあたって


当行での個人向け国債の募集のお取り扱いにつきましては、「三菱東京UFJ銀行の債券取引口座(以下、債券取引口座)」および「三菱UFJモルガン・スタンレー証券の証券総合口座(以下、金融商品仲介口座)」でのお取り扱いが可能です。
それぞれの口座により、以下のようなお取り扱い上の差異がありますので、ご確認いただきますようお願い申し上げます。

  債券取引口座 金融商品仲介口座
1. 準拠約款・規定
三菱東京UFJ銀行の振替決済口座管理規定に準拠して、三菱東京UFJ銀行が個人向け国債の口座管理を行います。 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の振替決済口座管理約款に準拠して、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が個人向け国債の口座管理を行います。
2. 残高のご報告
通帳記入方式・取引残高報告書方式により、三菱東京UFJ銀行が行います。 取引残高報告書方式により、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が行います(通帳等は発行されません)。
3. 元利金のお取り扱い
三菱東京UFJ銀行がお客さまに代わって受領し、お客さまの指定口座に入金します。 三菱UFJモルガン・スタンレー証券がお客さまに代わって受領し、お客さまの金融商品口座に入金します。
4. 総合口座貸越の担保
ご購入いただいた個人向け国債を三菱東京UFJ銀行の総合口座貸越の担保としてご利用になれます。 ご購入いただいた個人向け国債を三菱東京UFJ銀行の総合口座貸越の担保としてご利用になれません。
5. 取引のご報告
三菱東京UFJ銀行がお客さまに取引報告書を交付します。 三菱UFJモルガン・スタンレー証券がお客さまに取引報告書を交付します(通帳等は発行されません)。

上記につきましては、平成28年10月1日現在のサービス内容に基づくものであり、今後変更される場合があります。

個人向け国債をお申し込みの際は、次の点にご注意ください。
個人向け国債は預金ではなく、当行が元本を保証する商品ではありません。
発行者である日本国の信用状況の悪化等によって損失が生じることがあります。
個人向け国債を募集により、購入する場合は、購入対価のみをお支払いいただきます。
個人向け国債を中途換金する際、原則として下記により算出される中途換金調整額が、売却される額面金額に経過利子を加えた金額より差し引かれることになります。なお、発行から1年間、原則として中途換金はできません。
(※) 発行から一定期間の間に中途換金する場合には、下記の中途換金調整額が異なることがあります。
くわしくは、お取引店にお問い合わせください。
変動10年:直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685
固定5年・固定3年:2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685
個人向け国債は預金保険制度の対象ではありません。
個人向け国債のお取引は、主に募集等の方法により行います。
個人向け国債のお申し込みの有無が、現在または将来の融資その他の取引に不利な影響を与えることはありません。
個人向け国債の運用による利益および損失は、個人向け国債をご購入いただきましたお客さまに帰属します。
個人向け国債のご購入に際しては、必ず契約締結前交付書面により内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
※契約締結前交付書面は、当行の本・支店等の窓口にてご用意しております。
個人のお客さまの場合、原則として20歳以上のご本人さまによるお取引とさせていただきます。

(平成28年10月1日現在)

↑ このページの先頭へ