残高証明書

戻る

「都度(今回のみ)発行」と「定期発行」があります。お手続方法をご確認のうえ、ご本人さまがご来店ください。

  • 相続手続に関する残高証明書の発行については、こちらをご覧ください。
  • 「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」についてはこちらをご覧ください。
  • 都度(今回のみ)発行
  • 定期発行
  • 都度(今回のみ)発行

    ご希望の証明基準日時点での口座残高を証明する書面を発行します。

    • お申込み日より過去10年以上前の日付を証明日とする残高証明書のお取り扱いはできません。
    • 和文の他に、英文での発行も可能です。

    STEP1 窓口でのお手続き

    • お近くの窓口でお手続きいただけます(融資・ローン・外為取引がある場合は、お取引店またはお取引店担当者にお申し付けください。なお、外為取引に外貨預金取引は含まれません)。
    • ご本人さまがご来店ください。
    • 証明対象科目を、「全てのお取引」や「一部の預金口座」等からお選びいただきます。
    <お持ちいただくもの>

    通帳またはキャッシュカード(証明対象口座等を確認するためにご提示いただく場合があります)

    お届印(証明対象口座のいずれかのお届印)(*)

    本人確認書類(お取引状況によりご提示いただく場合があります)

    • (*)
      証明対象に融資・ローン・外為取引を含める場合は、融資・ローン・外為のお取引印も必要です。

    <発行手数料>

    756円(消費税込)/ご依頼1通ごと

    現金または、口座からの引き落とし(*)でお支払いただきます。

    • (*)
      証明対象口座と手数料引落口座のお届印が異なる場合は、手数料引落口座のお届印が必要です。

    STEP2 お受取方法

    「郵便」・「店頭受取」等のお受取方法をお選びいただけます。

    <郵便の場合>

    受付日から1週間〜10日程でお届けのご住所へ普通郵便(親展扱い)でお送りします。

    • お取引内容毎に、証明書が別発送となる場合があります。その際は到着日が数日異なります。

    <店頭受取の場合>

    後日、お受け取りにご来店される際に、残高証明書発行手数料の領収証や通帳等をご提示いただく場合があります。

    ≪即日の発行をご希望の場合≫

    和文円預金・外貨預金の場合は、ご利用状況により即日発行できる場合があります。
    窓口にてご相談ください。
    ただし、受付日当日を証明日とする残高証明書の即日発行は、お取り扱いできません。

  • 定期発行

    ご希望の証明基準日・サイクルで、定期的に口座残高を証明する書面を発行します。

    STEP1 窓口でのお手続き

    • お近くの窓口でお手続きいただけます(融資・ローン・外為取引がある場合は、お取引店または お取引店担当者にお申し付けください)。
    • ご本人さまがご来店ください。
    • 証明対象科目を、「全てのお取引」や「一部の預金口座」等からお選びいただきます。
    • 証明書発行サイクルは、毎月、年1〜4回からお選びいただきます。
    <お持ちいただくもの>

    通帳またはキャッシュカード(証明対象口座等を確認するためにご提示いただく場合があります)

    お届印(証明対象口座のいずれかのお届印)(*)

    本人確認書類(お取引状況によりご提示いただく場合があります)

    • (*)
      証明対象に融資・ローン・外為取引を含める場合は、融資・ローン・外為のお取引印も必要です。

    <発行手数料>

    540円(消費税込)/ご依頼1通ごと

    半年に一度、原則口座からの引き落とし(*)でお支払いただきます。

    • (*)
      証明対象口座と手数料引落口座のお届印が異なる場合は、手数料引落口座のお届印が必要です。

    STEP2 お受取方法

    「郵便」・「店頭受取」等のお受取方法をお選びいただけます。

    <郵便の場合>

    証明基準日から5営業日後頃にお届けのご住所へ普通郵便(親展扱い)でお送りします。

    • お取引内容毎に、証明書が別発送となる場合があります。その際は到着日が数日異なります。

    <店頭受取の場合>

    お受け取りにご来店される際に、通帳等をご提示いただく場合があります。

(平成29年3月29日現在)