[ ここから本文です ]

個人型年金の加入資格

基本的に60歳未満のほぼ全ての国民が個人型年金に加入できます。ただし、次の方は対象外のため加入できません。

  • 国民年金保険料を免除・納付猶予されている方(障害基礎年金を受給している方は除きます)
  • 企業型年金規約に個人型年金加入者となることができると定められていない企業型年金加入者
  • 農業者年金の被保険者の方

「企業型年金」と「個人型年金」図

  • 掛金の上限額(拠出限度額)は加入資格によって異なります。
  • (*1) 
    企業型年金規約に個人型年金加入者となることができると定めた場合、加入可。
    その場合の企業型の事業主掛金の上限は月3.5万円。
  • (*2) 
    企業型年金規約に個人型年金加入者となることができると定めた場合、加入可。
    その場合の企業型の事業主掛金の上限は月1.55万円。
  • 第1号被保険者・・・
    日本国内在住の20歳以上60歳未満の自営業者の方、農業や漁業に従事している方及び学生等
    (ただし、国民年金保険料の免除者や納付猶予者は、個人型年金への加入資格がありません)
  • 第2号被保険者・・・
    厚生年金保険の被保険者および共済組合の組合員(公務員等)
  • 第3号被保険者・・・
    20歳以上60歳未満の第2号被保険者に扶養される配偶者

このページの先頭へ