[ ここから本文です ]

移換手続き

  • 移換手続き
  • 手数料

個人型確定拠出年金移換手続き

Step 1個人型年金移換手続関連書類一式を取り寄せる
移換手続書類では、移換手続きの流れ、運用商品、手数料等についてご説明しています。インターネット等から、移換手続関連書類一式をご請求ください。

インターネットからのご請求はこちら

お電話でのご請求
MUFG  個人型コールセンター

0120-138-401
つながらない場合には 03-5302-8252
(通話料はお客さま負担)
【受付時間】9:00〜20:00(12月31日から1月3日を除く)

Step 2移換手続書類を作成郵送する
企業型確定拠出年金の制度導入企業を退職された後の転職先により、個人型確定拠出年金へ移換後に掛金の拠出ができる「加入者」となるか、拠出ができない「運用指図者」になるかが異なります。お送りする「個人型確定拠出年金ガイドブック」で「加入者」「運用指図者」のいずれに該当するかをご確認のうえ、個人別管理資産移換依頼書等に記入し、ご郵送ください。
Step 3移換完了通知書等を受領する
移換手続が完了すると、国民年金基金連合会より「移換完了通知書」ならびに「個人型年金加入確認通知書」が郵送されます。
また、NRK(記録関連運営管理機関)から「ユーザーID・商品登録完了のお知らせ」が送付されます。これによりインターネットやコールセンターを利用しての運用指図等が可能になります。

書類のご提出から移換手続きの完了まで、2ヵ月程度の期間がかかります。
Step 4運用商品を決める
  • 標準コースまたはライトコースを選択する
    企業型確定拠出年金から移換された個人別管理資産は、個人別管理資産移換依頼書の右欄にご記入いただいた運用割合に基づいて資産の買付を行います。
  • ※記録関連運営管理業務を、「NRK」に委託しております。
  • ※「NRK」とは日本レコード・キーピング・ネットワーク株式会社の略称です。

資料請求 新しいウィンドウを開きます。

手数料へ

このページの先頭へ