[ ここから本文です ]

確定拠出年金ってなに?

Step2 「確定拠出年金制度」とは、どんな制度なのですか?

確定拠出年金制度の概要
「企業型確定拠出年金(企業型年金)」と「個人型確定拠出年金(個人型年金)」の2つがあり、DCとも呼ばれます。
確定拠出年金制度は毎月掛金を積み立てて、その資金を運用しながら老後の蓄えをする制度です。
会社が掛金を負担する「企業型年金」と個人が掛金を負担する「個人型年金」の2つがあり、資産の持ち運び(ポータビリティ)ができます。また、毎月積み立てられる金額の上限が決まっています。
平成29年1月より、個人型年金に公務員や企業型年金加入者・私学共済加入者・専業主婦(夫)の方も加入できるようになりました。
これにより、60歳未満のほぼ全ての国民が個人型年金に加入可能です。

「企業型年金」と「個人型年金」図

  • 掛金の上限額(拠出限度額)は加入資格によって異なります。
  • (*1) 
    企業型年金規約に個人型年金加入者となることができると定めた場合、加入可。
    その場合の企業型の事業主掛金の上限は月3.5万円。
  • (*2) 
    企業型年金規約に個人型年金加入者となることができると定めた場合、加入可。
    その場合の企業型の事業主掛金の上限は月1.55万円。
  • 第1号被保険者・・・
    日本国内在住の20歳以上60歳未満の自営業者の方、農業や漁業に従事している方及び学生等
    (ただし、国民年金保険料の免除者や納付猶予者は、個人型年金への加入資格がありません)
  • 第2号被保険者・・・
    厚生年金保険の被保険者および共済組合の組合員(公務員等)
  • 第3号被保険者・・・
    20歳以上60歳未満の第2号被保険者に扶養される配偶者

確定拠出年金ってなに?に戻る

このページの先頭へ