[ ここから本文です ]

確定拠出年金ってなに?

Step12 分散投資って?分散投資について教えてください

運用のリスクを減らすために、
運用する商品をいくつかに分ける方法があります。

「1つのカゴに全部の卵を入れてはいけません」と運用の世界ではよくいわれます。万一カゴがひっくり返った時、いくつかのカゴに分けてあれば、 割れる卵が少なくてすむという意味です。資産運用でも運用商品を分散することが大切です。

いくつかの商品を組みあわせて、リスクを分散する

預け入れた元金が保証されていても利息は多くはない預貯金のような商品(ローリスク・ローリターン)と、元本の保証はないけれども生み出す利益がある程度期待できる株式投資信託などの商品(ハイリスク・ハイリターン)に分散して投資する。
あるいは、同じ投資信託であっても異なるタイプの投資信託に分散して投資することがリスクを小さくします。それぞれの商品の内容をよく理解して、いくつかを選び組みあわせて運用することがポイントです。

分散投資でリスクを抑える運用

価格が別の動きをする商品を組み合わせると全体の変動は小さくなります

分散投資グラフ図

  • ※組み合わせや商品ごとの比率は、自分自身の状況や運用に対する考え方によって選ぶことができます。

確定拠出年金ってなに?に戻る

このページの先頭へ