経済・産業レポートとマーケット情報

経済情報 2013年

No.36:2013年12月(関西)
No.35:2013年12月(東海)
No.34:日銀短観(2013年12月調査)の結果について〜景況感改善の動きは裾野を広げながら着実に浸透〜
No.33:タイ:インラック首相が下院の解散を表明
No.32:2013年7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率+1.9%〜成長率は鈍化したものの、景気の回復基調は維持〜
No.31:欧州中央銀行(ECB)〜物価の下振れを受けて過去最低水準に利下げを決定〜
No.30:2013年10月(関西)
No.29:2013年10月(東海)
No.28:消費税率引き上げにあわせた「経済政策パッケージ」の概要と影響について
No.27:日銀短観(2013年9月調査)の結果について〜景況感の改善持続を受けて消費税率は予定通り引き上げへ〜
No.26:オーストラリア〜6年ぶりの政権交代が実現も、大幅な財政出動を伴う景気対策は期待薄〜
No.25:ドイツ総選挙〜メルケル首相勝利も、周縁国支援には厳しい姿勢を続ける見込み〜
No.24:2013年4-6月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.6%〜内需、外需の両面から高めの成長率に〜
No.23:オーストラリア〜RBAは弱い景気をサポートすべく、追加利下げを実施〜
No.22:2013年4-6月期の実質GDP成長率予測〜内需、外需の両面から高めの成長率が続いた見込み〜
No.21:2013年7月(関西)
No.20:2013年7月(東海)
No.19:伸び悩む成長率と対照的に良好なシンガポールの雇用環境について
No.18:マネーフローと需要からみた金価格の動向
No.17:注目度を増すCLM諸国:カンボジア・ラオス・ミャンマー
No.16:2013年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+3.5%〜内需の伸びと輸出の持ち直しで成長率が大きく加速〜
No.15:タイの最低賃金の大幅引き上げの影響について
No.14:株価上昇の家計消費への影響(東海)
No.13:2013年1-3月期の実質GDP成長率予測〜内需の伸びと輸出の持ち直しで成長率が加速した見込み〜
No.12:アジア通貨危機以来の赤字に転じたインドネシアの経常収支について
No.11:2013年4月(関西)
No.10:2013年4月(東海)
No.9:再浮上するフィリピン経済〜持続成長への課題〜
No.8::【シンガポール経済】2013年第1四半期の実質GDP成長率〜前年比▲0.6%と予想外のマイナス成長、MASは引き締め策維持を決定〜
No.7:ブラジルの金融政策とレアル相場をどうみるか
No.6:日銀短観(2013年3月調査)の結果について〜円安等を受けて大企業・製造業の景況感が改善〜
No.5:米国〜オバマ大統領は連邦最低賃金の引き上げを提案
No.4:米国の歳出強制削減措置の行方
No.3:2012年10-12月期の実質GDPは前期比年率▲0.4%〜輸出の低迷等で小幅ながらも3四半期連続のマイナス成長に〜
No.2:2012年10-12月期の実質GDP成長率予測〜3四半期ぶりのプラス成長に〜
No.1:豪州マネーフロー分析:豪ドル高を支える資金流入状況

この情報は当行の提供するホームページからリンクされた場合のみご利用が可能です。
不正な手段によってリンクを設定された場合は違法行為とみなされます。

このウィンドウを閉じる

このページの先頭へ