三菱東京UFJ銀行
ホーム

閉じる

経済・産業レポートとマーケット情報

← 1つ前に戻る

経済・産業レポート外為マーケット情報国内円金利動向
0

■ 経済情報 2009年


No.38:COP15、「コペンハーゲン合意」を了承し閉幕
No.37:業況感の改善が続くが、内需低迷とデフレが先行きの懸念材料
No.36:多様化の動きがみられる世界の外貨準備運用
No.35:米政府が追加景気対策を発表
No.34:ECBは非標準的措置(異例の流動性供給)の段階的解除を開始へ
No.33:急速な円高進行で高まる景気二番底リスク
No.32:2009年7-9月期GDP1次速報値について
No.31:米銀貸出態度調査(2009年10月)の結果について
No:30:FRBのスタンスに変化なし(11月FOMC)
No.29:ユーロ圏銀行貸出調査(2009年10月)〜貸出基準厳格化の緩和は融資拡大につながるか〜
No.28:円高がわが国の景気・企業収益に与える影響について
No.27:2009年9月調査の日銀短観について
No.26:ドイツ総選挙
No.25:民主党政権下の金融・為替政策について
No.24:米銀貸出態度調査(2009年7月)の結果について
No.23:2009年4-6月期GDP1次速報値について
No.22:原油価格の中期展望
No.21:FOMCの経済見通しからみた米国の利上げ時期
No.20:日銀短観からみる東海経済の動向
No.19:日銀短観(2009年6月調査)の結果について
No.18:グローバル金融危機が促す人民元の国際化
No.17:強まる米国の巨額財政赤字の対外ファイナンス懸念
No.16:ECBのカバードボンド買取と非伝統的政策の行方
No.15:変容する米国の住宅ローン問題
No.14:2009年1-3月期GDP1次速報値について
No.13:ECBが債券買取を含む非標準的措置の拡充を発表
No.12:米銀貸出態度調査(2009年4月)の結果について
No.11:「豚インフルエンザ」から変異した「新型インフルエンザ」とその経済的影響
No.10:G20直前に中国が提起した国際通貨システム改革論
No.9:ECBは25bpの利下げを決定、新たな非標準的措置の導入は先送り
No.8:鉱工業生産の動向について
No.7:日銀短観(2009年3月調査)の結果について
No.6:金融危機を受けて大きく変化した米国をめぐるマネーフロー
No.5:グローバル金融危機下の韓国経済
No.4:グローバル金融危機下で大きく変化した中国の金融政策
No.3:ECBが50bpの追加利下げを決定、政策金利は1.5%へ
No.2:米銀貸出態度調査(2009年1月)の結果について
No.1:米国オバマ新政権の景気対策について

PDFマークがついているコンテンツは
Adobe Acrobat Reader 4.0以上が必要です

この情報は当行の提供するホームページからリンクされた場合のみご利用が可能です。
不正な手段によってリンクを設定された場合は違法行為とみなされます。


↑ このページの先頭へ