三菱東京UFJ銀行
ホーム

閉じる

経済・産業レポートとマーケット情報

← 1つ前に戻る

経済・産業レポート外為マーケット情報国内円金利動向
0

■ 海外経済フラッシュ 2010年


No37:ESM新設合意はEMU改革の大きな流れの一部
No36:欧州安定化メカニズムは投資家の懸念を抑えられるか
No.35:騰勢を強める商品価格について
No.34:アイルランド:信用スプレッドが急速に悪化
No.33:中国:2010年第3四半期のGDPは前年比9.6%と高水準維持
No.32:中国:2年10カ月振りの利上げの背景と展望
No.31:中国:5中全会の要点〜第12次5カ年計画の骨子と次期最高指導者の確定〜
No.30:ポルトガル政府2011年予算案〜与野党対立で成立は不透明
No.29:ギリシャ政府2011年予算案〜財政赤字はGDP比▲7%に一段と抑制
No.28:タイ:約13年ぶりのバーツ高を受け、政府が資本流出規制緩和策を発表
No.27:インド:2010年4-6月期GDP成長率〜前年比8.8%へ加速、2年半ぶりの高成長〜
No.26:タイ:2010年第2四半期実質GDP成長率は前年比9.1%〜高成長が持続、反政府デモの影響は限定的〜
No.25:豪州:総選挙は大接戦、与野党いずれも過半数割れとなる公算大
No.24:ストレステスト結果発表後に生じたアイルランド追加資本注入の動き
No.23:インド準備銀行(RBI)が今年4度目の利上げを実施〜レポレートを0.25%、リバースレポレートを0.5%ポイント引き上げ〜
No.22:韓国:2010年第2半期実質GDP成長率は前期比1.5%〜伸び率はやや鈍化したものの、6四半期連続のプラス成長〜
No.21:中国:2010年第2四半期のGDPは前年比10.3%と3四半期連続の二桁成長
No.20:タイ中銀が約2年ぶりに0.25%ポイントの利上げを実施〜年内に追加利上げの公算大
No.19:通貨バスケット制からみた人民元相場
No.18:インドネシア中銀、短期証券1カ月保有義務化など金融規制強化
No.17:韓国:統一地方選挙〜与党ハンナラ党が大敗、李明博政権に厳しい結果〜
No.16:インド:2010年1-3月期GDP成長率
No.15:タイ:2010年第1四半期実質GDP成長率は前年比12.0%
No.14:フィリピン:大統領選でアキノ候補が当確、約10年ぶりの政権交代へ
No.13:韓国:2010年第1半期実質GDP成長率
No.12:インド準備銀行(RBI)が0.25%ポイントの追加利上げを実施
No.11:中国:2010年第1四半期のGDPは前年比11.9%と2四半期連続の二桁成長
No.10:シンガポール:2010年第1四半期実質GDP成長率は前年比13.1%
No.9:ASEAN首脳会議「出口戦略」協調で合意
No.8:オーストラリア:RBAが連続追加利上げを実施、政策金利は4.25%へ
No.7:インド準備銀行(RBI)が0.25%ポイントの利上げを実施
No.6:オーストラリア:RBAが4度目の利上げを実施、政策金利は4.00%へ
No.5:インド:2009年10-12月期GDP成長率〜前年比6.0%へ鈍化、ただし景気回復基調は鮮明化〜
No.4:タイ:2009年第4四半期実質GDP成長率〜前年比5.8%と5四半期ぶりのプラス成長、回復基調が鮮明化〜
No.3:インド:2009年第3四半期金融政策レビュー〜預金準備率(CRR)の0.75%ポイント引き上げを決定
No.2:韓国:2009年第4四半期実質GDP成長率〜前期比+0.2%増、通年では小幅プラス成長を確保
No.1:中国:2009年第4四半期のGDPは前年比10.7%の高成長

PDFマークがついているコンテンツは
Adobe Acrobat Reader 4.0以上が必要です

この情報は当行の提供するホームページからリンクされた場合のみご利用が可能です。
不正な手段によってリンクを設定された場合は違法行為とみなされます。


↑ このページの先頭へ