[ ここから本文です ]

住宅ローン入門

  • 住宅ローン入門
  • 住宅購入の基礎知識
  • 住宅ローンの基礎知識

金利タイプ

住宅ローンを利用するには、無理なくスムーズに返済できるような資金計画を立てることが大切。お客さまのライフプランに合わせた資金計画を立てるためのポイントをご紹介します。

「今の金利もいいけど、将来変動したときも柔軟に対応したい」

そんなあなたには…変動タイプがオススメ!

お借入期間中、市場の金利水準に応じて金利が変動します。また、いつでも他の金利タイプに変更することができます。

「今は子供の教育費など出費が多いので、とにかく当面の返済額は出来るだけ少なく抑えたい」

そんなあなたには…短期間の固定特約タイプがオススメ!

固定期間が短いほど、魅力的な金利水準にてお借り入れいただけます。

「長期的に資金計画を考えたいので、住宅ローンの返済額は確定させたい」

そんなあなたには…長期間の固定特約タイプがオススメ!

お借入時に長期間の金利を確定させるため、長期間の月々の返済額および返済総額が確定します。

タイプ毎の特長

タイプ 特長 メリット デメリット
変動タイプ 市場金利に連動した金利が適用され、借入後は毎月または年2回の金利見直しがあります。借入後に他の金利タイプに変更することも可能です。
  • 適用金利が下がると金利低下のメリットを享受できます。
  • 金利の動きを見ながらタイプを変更できる自由度があります。
  • 適用金利が上がると、総返済額が増えます。
短期間の
固定特約タイプ
特約期間中は固定金利が適用されます。特約期間終了までは金利タイプを変更することはできません。
  • 低金利状況下では当面の返済額を確定させたうえで低金利メリットを享受できます。
  • 借入後に金利が上昇した場合は、始めから長めの固定にしておいた方が得になる場合があります。
長期間の
固定特約タイプ
  • 金利が低い時に借りると、金利上昇リスクをヘッジできます。
  • 長期間の返済額が確定するため、資金計画を立てやすいです。
  • 他のタイプよりも金利水準は高め。
  • 借入後に金利が低下した場合は、低金利のメリットを享受できないので、結果的に金利負担が大きくなります。

お客さまのライフプランによって選択すべき金利タイプは変わってきます。
くわしくはぜひお近くの三菱東京UFJ銀行にお気軽にご相談ください。

このページの先頭へ