お知らせ

金融商品の販売・勧誘に関するルールが変更されました。

  • 平成19年9月30日に金融商品取引法が施行され、関連する法令(*)が改正されました。
  • 新しい法令は、元本割れ等のリスクがある金融商品(投資信託、個人年金保険、外貨預金、公共債など)について、お客さまに、その仕組みやリスクを十分ご理解・ご納得いただいたうえでお取引していただけるよう、金融商品の販売・勧誘に関するルールを変更するものです。
  • (*) 
    銀行法、保険業法、金融商品の販売等に関する法律など。

当行は、新しいルールに則った販売・勧誘を行い、お客さまにあった金融商品をご案内できるようこれまで以上に努めます。

  • 新しいルールに則り、お客さまのご意向や金融商品・投資に関する知識、ご経験、ご資産やご収入の状況等を踏まえ、お客さまにあった金融商品をご提案させていただきます。
  • お客さまに金融商品の内容を十分にご理解・ご納得していただいたうえでご契約いただけるように、商品の仕組みやリスク、手数料などについて、書面等を用いてこれまで以上にわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。
  • お客さまにあった金融商品をご提案させていただくため、また、商品の内容を十分にご理解・ご納得いただくために、以下の点につきまして、お客さまのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
お客さまへのお願い
  • お客さまにあった金融商品をご提案させていただくため、お客さまのご意向などをこれまでよりも詳しくお伺いさせていただく場合がございます。
  • お客さまに金融商品の内容を十分にご理解していただけるよう、商品の仕組みやリスク、手数料などについて、これまで以上にわかりやすく、丁寧な説明に努めます。このため、これまで以上に、ご説明・お手続きにお時間をいただく場合がございます。
  • お客さまのご年齢やご希望の商品などによりましては、説明書類をお持ち帰りいただき、その内容を十分ご検討のうえ、改めてご来店いただきますようお願い申し上げる場合もございます。
  • お客さまがご希望される金融商品につきましても、お客さまのご意向や金融商品・投資に関する知識、ご経験等を踏まえ、ご契約に関し、お客さまのご希望に添いかねる場合がございます。
  • 金融商品のご購入の際は、当行よりお渡しするご説明書面を必ずお受け取りいただきますとともに、商品の仕組みやリスク、手数料など、商品内容をよくご理解・ご納得のうえでご契約いただきますようお願い申し上げます。
このウィンドウを閉じる

このページの先頭へ