[ ここから本文です ]

偽造されたとみられるキャッシュカードが使用された件(旧UFJ銀行)

 本日、複数の都内コンビ二エンスストア内ATMにおいて、何者かが弊行愛知県内における支店のお客さまの偽造キャッシュカードを使用したとみられることが判明しましたのでお知らせいたします。お客さまをはじめ皆さま方には、大変ご心配・ご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。

 カードの使用により残高照会が行われていますが、セキュリティ対策により、大半は未然に防止されています。また、現在のところ実際に預金が引き出されるなどの被害は確認されておりません。また対象となったお客さまにつきましては、個別にご連絡し、暗証番号の変更をご依頼しております。

 なお、先に公表いたしました弊行ATMコーナーの盗撮事件との関係は現在のところ不明ですが、引き続き警察の捜査に全面的に協力して参ります。

【これまでに判明した内容】

  • 使用されたコンビニエンスストア内ATM     3台

  • 対象となったお客さま数           14名

お客様には、キャッシュカードの暗証番号の変更をお勧めいたしております。また、先に公表したとおり、弊行のお客さまに万一偽造カードでの被害が発生した場合は補償いたします。

 本件に関するお客さまのご照会窓口を以下の通りとさせていただきますので、お気づきの点などございましたらお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。

  • ※なお、本件との関連は不明ですが、都内支店のお客さま1名についても都内コンビニエンスストア内ATMで偽造とみられるカードの使用がありましたが、セキュリティ対策により取引は成立しておりません。

(平成17年12月22日現在)

このページの先頭へ