[ ここから本文です ]

ATM周りの犯罪

ATMの利用者を狙った犯罪が発生しています。不審者がいないかを注意しながら、落ち着いて操作しましょう。

  • 暗証番号ののぞき見ATMの操作中、カードの暗証番号をのぞき見したあとに、カードを奪い、預金口座から不正に引き出します。
  • 現金を引き出した後のひったくりATMで現金を引き出した利用者のあとをつけ、現金の入ったカバンをひったくります。
  • 注意をそらした隙の盗難ATMの操作中、わざとお金をばらまいて、気をそらした隙に引き出した現金やカードを奪います。

事例1

ATMを操作中、後ろからのぞかれパスワードを盗まれます。
ATMを操作しているときに、後ろに並んでいる人にカードの暗証番号を盗み見られます。
そのあと、キャッシュカードを奪われ不正に引き出されます。
ATMから出てきたところを見計らい、あとをつけられ、油断したすきにカバンをひったくられます。奪ったキャッシュカードで不正に引き出されます。

事例2

ATMの操作中にわざとお金をばらまかれ、気をそらされます。
2人組で犯行に及ぶことが多い犯罪です。 ATMの操作中に、犯人の1人がわざとお金をばらまいて「お金が落ちてますよ」と話しかけてきます。
そのすきに、引き出した現金やカードが奪われます。
落ちているお金に気を取られているすきに、まだATMに残っている引き出したばかりのお金やキャッシュカードが奪われてしまいます。

予防策

知らない人に話しかけられても、操作が終わるまではATMを離れないようにしましょう。また、多額の現金をATMにて扱う際は、なるべく日中、人通りの多い店舗を選びましょう。

ATMの正面には後方確認ミラーがついております。操作中は周囲の警戒を怠らないようにしましょう。

ATM取引の電話によるモニタリング業務

暗証番号の管理について

ワンポイント・アドバイス

ATM画面で、「数字キーの並び替え」ができます。

ATMの操作では、指の動きで暗証番号を知られてしまうことがあります。ATMの操作画面の「数字キー並び替え」を押すと数字キー(テンキー)を並び替えることができますので、是非ご利用ください。

その他の事例

その他の犯罪に戻る

このページの先頭へ