[ ここから本文です ]

キャッシュカード・通帳の盗難

ちょっとくらいなら大丈夫、という油断が被害のもと。キャッシュカードや通帳は大切に保管しましょう。

  • 居眠り時の盗難電車や駅のホームで居眠りしている間に、カバンや財布ごとカード等を盗みます。
  • 飲酒時の盗難飲食店等で泥酔しているときや席から離れたときに、カバンや財布ごとカード等を盗みます。
  • 車上荒らし自動車の中に置きっぱなしにしたカバンごとカード等を盗みます。
  • 空き巣ピッキング等により空き巣が侵入し、自宅に保管している通帳・印かん・カード等を盗みます。
  • ピッキングによる盗難スポーツクラブやゴルフ場等のロッカールームから、カード等を盗みます。

事例1

泥酔しているときは狙われやすくなります。
飲み過ぎて、飲食店や駅のホームで居眠りをしているときに、狙われがちです。飲食店で離席したとき等に狙われるケースもあります。
居眠りしているすきに、盗まれます。
泥酔して居眠りしているすきに、カバンや財布ごとカード等を盗まれます。

事例2

ここなら大丈夫と思っているところにも落とし穴が。
鍵をかけているから大丈夫と、スポーツクラブやゴルフ場等のロッカールームや車の中に置きっぱなしにしがちですが、油断しやすいところこそ狙われています。
ピッキング等によって、鍵をあけ盗まれます。
自動車やロッカー等の鍵はピッキング等で、手慣れた人には簡単に開けることができ、カバンや財布ごと盗まれてしまいます。また、ピッキングにより、自宅に侵入し、通帳・印かん・カード等が盗まれるケースもあります。

予防策

その他の事例

通帳・キャッシュカードの偽造・盗難に戻る

このページの先頭へ