[ ここから本文です ]

MUFGグループを名乗る不正勧誘

MUFGの関連会社であるかのように、融資や投資の勧誘をし、お金をだましとる犯罪です。

  • 架空融資への勧誘当行に似た名称で、有利な融資の勧誘をダイレクトメールで行い、先に保証金や保険金の名目で振り込みをさせます。
  • 架空投資への勧誘MUFGグループを装って、電話やダイレクトメールで、架空の投資の勧誘を行います。

事例1

当行に似た名称から、ダイレクトメールが届きます。
「三菱」「UFJ」「MUFG」等の名称で、有利な融資の勧誘を目的としたダイレクトメールが届きます。
三菱東京UFJ銀行と見せかけてよく見ると、微細に名称が異なったりしています。また、グループ会社を連想させるようなアレンジをしてくるケースもあります。
融資契約の電話をかけると、保証金を請求されます。
電話をかけると、保証料や保険料の名目で、言葉巧みに現金の振込を要求してきます。
現金を振り込んでも融資はなく、連絡をとろうとしても、電話はつながりません。

事例2

MUFGグループの金融会社であるかのように装って電話をかけて、投資の勧誘をし ます。
ある日突然、MUFGグループの金融会社であるかように装って電話をかけてきます。
そして「上場間近のA社の未公開株」や「B社の社債」等を買いませんか、と勧誘してきます。
数日後、パンフレット等が送られてきます。
巧妙な説明などにより、MUFGグループであると信じこませようとします。
資料にMUFGシンボルマークを不正に使用していることがあります。また、「お客さまをご紹介いただいた」「共同で行っている」「支援されている」などとMUFGグループの実在の会社との関係をセールスポイントとして実態と違う説明をしたりします。

予防策

融資の前に保証金等振り込みをお願いすることはありません。「低金利融資」や「高額貸し付け」等の言葉が入ったダイレクトメール及び、携帯メールやインターネットメールによる不正勧誘にも注意しましょう。

少しでも不審に思われたら当行までお問い合わせください。

ワンポイント・アドバイス

名称の不正使用情報は当行ホームページをご覧ください。

「三菱」「UFJ」「MUFG」等の名称を不正使用する金融業者については当行ホームページで情報を公開しています。

「三菱」「UFJ」「MUFG」を不正使用する金融業者にご注意ください。

当行・当行行員等を名乗る不審な勧誘にご注意ください。

その他の事例

預金・現金を騙し取る犯罪・不審な勧誘に戻る

このページの先頭へ