[ ここから本文です ]

金融犯罪にご注意ください

【インターネットバンキング】パスワードの管理について、再度ご確認をお願いいたします

最近、インターネットバンキングの契約番号・パスワード等がコンピューターウィルスや偽画面等を利用して不正に詐取され、不正アクセスにより本人の知らないうちに不正送金されてしまう事案が発生しています。インターネットバンキングのパスワードについては、以下の点にご注意ください

■パスワードは定期的に変更してください。

パスワードはご本人さまを確認する大切な情報です。定期的に変更していただくとともに、他の人に知らせないようにしてください。パスワードの変更は、インターネットバンキングから手続きできます。

ダイレクトパスワード IBログインパスワード

■三菱東京UFJダイレクトのパスワードを他のサービスのパスワードと共有しないでください。

三菱東京UFJダイレクトのパスワードを他のサービスのパスワードとして使うことやロッカー、貴重品ボックス、携帯電話等の当行以外の取引で使用しないでください。SNSなどの他のサイトで入力したID、パスワードが流出し、当行での不正ログインに悪用される場合があります。

■パスワード・ご契約番号・確認番号表を紙、パソコン、スマートフォン、Eメール、クラウドサーバー、ネットワーク上のサービス等に保存しないでください。(写真を撮って画像を保存することを含む)

パソコンがウィルス感染すると、パソコン内のデータだけでなく、そのパソコンを利用したネットワーク上のサービスも乗っ取られてしまいます。

三菱東京UFJダイレクト ご契約カード

この結果、パソコンで保存したパスワードなどの情報が流出し、三菱東京UFJダイレクトに不正アクセスされ、不正送金が行われる恐れがあります。

そのほか、インターネットバンキングのセキュリティ対策については新しいウィンドウを開きます。こちら をご確認のうえ、各種対策の実施をお願いいたします。

(平成28年4月15日現在)

このページの先頭へ