[ ここから本文です ]

マイナンバー制度 個人番号(マイナンバー)届出専用アプリ
「スマートマイナンバー」のレベルアップ

平成30年1月1日から個人番号・法人番号を預貯金口座に紐付ける「預貯金口座付番制度」(以下、同制度)が開始されております。

同制度を受け、幣行では預金口座をお持ちのお客さまに対し「個人番号(マイナンバー)」のお届出をご依頼しております。

この度、個人番号(マイナンバー)のお届出ツールとしてご提供しておりますスマートフォンアプリのご利用先を平成30年2月13日(火)より、預金口座をお持ちのお客さまにも拡大します(現在は、投資信託・債券(公共債)口座をお持ちの一部のお客さまに限定)。

ご来店いただくことなく個人番号(マイナンバー)のお届出が可能となりますので、ご活用ください。

スマートフォンアプリ「スマートマイナンバー」

【スマートフォンアプリをご利用いただけるお客さま】

〜平成30年2月12日(月) 平成30年2月13日(火)以降

以下の条件全てを満たすお客さま

(1)マイナンバー制度開始前(平成27年12月末)までに投信信託・債券(公共債)口座を開設されている方

(2)個人番号(マイナンバー)をお届出いただいていない方

以下の条件全てを満たすお客さま

(1)預金取引をお持ちの方

(2)個人番号(マイナンバー)をお届出いただいていない方

※左記のお客さまも引き続き、スマートフォンアプリをご利用いただけます。

(※)本件に伴い、平成30年2月10日(土)21時よりシステムメンテナンスを行います。システムメンテナンス期間中は、本サービスをご利用いただけません。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

なお、預貯金口座付番制度における「個人番号」のお届出は当面「任意」となっております。
現時点では、書類準備のご都合等でその場で「個人番号」をお届出いただけない場合でもお取引に影響はございません。

(ご参考)マイナンバー制度 預貯金口座付番制度開始のお知らせ

以上

このページの先頭へ