平成28年10月31日(月)より、スーパー普通預金(メインバンクプラス)の優遇判定条件を改定しました。

優遇のステージ判定条件となる「預金残高等合計」に「金融商品仲介取引」のお取引残高を追加しました。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の金融商品仲介口座のお取引残高は、投資信託・株式は時価評価額、債券は額面金額により計上します。 商品種類により下表の算出方法となります。

  • ※受渡日が翌月となる金融商品仲介商品のご購入をお申し込みいただき、三菱UFJモルガン・スタンレー証券あてにご購入資金をお振り込み済みの場合、お預り金あるいはMRFも計上します。
  • ※外貨建て商品の場合、月末最終平日窓口営業日の三菱UFJモルガン・スタンレー証券のTTMを用いて円貨換算します。
  • ※非上場の国内株式や価格を記載することが適当でないと三菱UFJモルガン・スタンレー証券が判断した銘柄は、残高に計上されません。
預り金・MRF お預かり残高
円貨建て投資信託
*1,*2,*3
保有口数×毎月末平日窓口営業日の1口あたり基準価額(外国投資信託の場合は1口あたり純資産価格)
外貨建て投資信託
*2,*3
保有口数×毎月末平日窓口営業日の1口あたり純資産価格×同日の三菱UFJモルガン・スタンレー証券のTTM
債 券 お預かり残高(額面金額)
株 式*4,*5,*6 保有株数×毎月末平日窓口営業日の価格(終値または気配値)
  • *1 国内投資信託で、毎月末平日窓口営業日時点で保有ファンドが償還し、償還金の入金が月末をまたぐ場合は「保有口数×1口あたり償還価額」となります。
  • *2 外国投資信託で、毎月末平日窓口営業日時点で保有ファンドが償還し、償還日が属する月に償還価格が確定した場合は「保有口数×1口あたり償還価格×(外貨建ての場合、同日の三菱UFJモルガン・スタンレー証券のTTM)」、償還価格の確定が月末をまたぐ場合は「保有口数×償還日直前の前ファンド営業日の1口あたり純資産価格×(外貨建ての場合、同日の三菱UFJモルガン・スタンレー証券のTTM)」となります。
  • *3 基準日と単価の公表日が大きく乖離している投資信託は、基準日現在で公表されている単価により算出しています。なお、初回の単価が公表されるまでの間は、発行(売出)価格で算出します。
  • *4 株式において基準日当日の価格(終値または気配値)がない場合、基準日時点で公表されている直近価格を使用して算出します。
  • *5 株式募集・売出し(IPO)時の受渡日から上場日までの間は、公募・売出し価格を使用して算出します。
  • *6 株式分割や株式併合等で基準日の翌日以降に効力発生日が到来する銘柄については、変更前の株数、時価単価より増減資比率で逆算して時価評価額を算出します。

スーパー普通預金(メインバンク プラス)の優遇を受けるためには、「三菱東京UFJダイレクト」のご契約および
初回登録(パスワード、Eメールアドレスの登録)のうえ、預金残高等の取引条件を満たす必要があります。

本ページに記載の元本を下回るおそれのある商品に関する事項

(平成28年10月31日現在)