[ ここから本文です ]

荻窪支店リニューアルオープンについて

株式会社三菱東京UFJ銀行(頭取 永易克典)は、東京都杉並区において、平成22年6月7日(月)に荻窪支店・荻窪支社を新店舗へ移転しました(荻窪支社は、阿佐ヶ谷支社が同日付で移転・名称変更)。
また、6月14日(月)には荻窪駅前支店が新店舗に移転し、荻窪支店と荻窪駅前支店が統合します。

新店舗は国内外で幅広く活躍されている安藤忠雄氏に設計を依頼し、当行初の試みとして、「対話する銀行」をコンセプトに、「お客さま」「地域」「環境」と積極的に対話していく銀行を目標に取り組んでいきます。

<新店舗概要>

  • 所在地:東京都杉並区荻窪五丁目28番9号(JR・東京メトロ丸ノ内線・荻窪駅南口)

  • 営業時間:窓口/平日9時〜15時 ATM/毎日7時〜24時

  • フロア案内

    1階 ATMコーナー 2階 普通預金等のお預け入れ・お引き出し、お振り込み等の窓口 3階 ご新規、ご相談、定期・外貨預金等のお取引の窓口、貸金庫 4階 ルーフガーデン、会議室

  • 新店舗のポイント

    •  

      どなたでもお気軽に当店をご利用いただけるよう、4階にルーフガーデンを設置しました。銀行窓口営業時間中は、どなたでもご自由にお入りいただけます。
      ルーフガーデンにはベンチを設置しており、建物を通り抜ける風を感じながら、快適にお過ごしいただけるスペースとなっています。また、ルーフガーデンは、耐熱性能向上にも役立っています。
      ルーフガーデンは、同じ杉並区にある東京都立農芸高等学校さまにデザイン・植樹をお手伝いいただいており、地域との交流・対話を始めています。5つの花壇スペースは、季節ごとに花を植え替えていく予定です。
      3階は、資産運用のご相談等をさせていただくフロアとなっています。窓口の後ろにパーテーションを設ける等、各窓口に個室感を持たせたデザインとなっています。お客さまと落ち着いて、じっくりとご相談・対話できる空間を演出しています。
      2階には、お客さまや地域の皆さまとのコミュニケーションスペースを設けました。今後、お客さまや地域の皆さまによる絵画展や展示会等で活用していく予定です。
      新店舗では、太陽光発電や、氷蓄熱システムおよびLED等、環境設備導入により、CO2の単位面積あたりの排出量は旧店舗比約64%と、1/3の削減効果を見込んでいます。また、店舗入り口のスロープや多目的トイレを設置する等、バリアフリーにも配慮しています。
      (1階ATMコーナーのモニターでは、太陽光発電による発電量を表示しています。)

(平成22年6月7日現在)

このページの先頭へ