[ ここから本文です ]

シンジケートローンの導入事例 : ケース2 新規出店など事業拡大にともなう資金調達

ケース2 新規出店など事業拡大にともなう資金調達

シンジケートローン導入の背景

  • 多店舗展開型サービス業のB社は、新たな地域への出店を計画しており、その出店資金の調達方法を検討していました。
  • 新規出店に関しては、「今後の新規出店用地に関する情報をいかに入手していくか」、「新規出店した後、売上代金を集配金してくれる金融機関をいかに確保していくか」が、悩みのタネとなっていました。

三菱東京UFJ銀行からのご提案

  • 新規出店地域の地元の金融機関を招聘するジェネラル・シンジケーション方式タームローンで、出店資金を調達することをご提案しました。

新規出店など事業拡大に伴う資金調達

導入によるメリット

  • 地元の有力金融機関を招請することで、新規出店用地や新たな事業提携先の紹介など、今後の事業展開に必要な情報ソースを確保することができました。さらに、招聘金融機関の中から、売上代金の集配金を行ってくれる金融機関を選定・委託することで、新規出店直後から、安定的かつ効率的な店舗運営を行うことができました。

このページの先頭へ