[ ここから本文です ]

シンジケートローンの導入事例 : ケース1 年度資金の安定的かつ効率的な調達

ケース1 年度資金の安定的かつ効率的な調達

シンジケートローン導入の背景

  • サービス業のA社は、毎年度の必要資金を、つど、取引金融機関と交渉して借り入れてきました。しかしながら、つどの交渉の負担は重く、借入条件もばらばらであったため、各借入を管理する事務が負担になっていました。

三菱東京UFJ銀行からのご提案

  • 年度の初めに、あらかじめ必要金額全額について契約をしたうえで、年度中は、必要な時期に必要な金額だけ借り入れができるよう、1年間の実行可能期間を設定したタームローンをご提案しました。

年度資金の安定的かつ効率的な調達

導入によるメリット

  • 年度の資金調達計画策定後に、必要金額全額について契約をすることで、確実な資金調達を実現することができました。
  • 実行可能期間中は、必要な時期に必要な金額だけ借り入れることができるため、効率的な資金調達を実現することができました。
  • シンジケートローン方式を採用することで、今までばらばらだった借入条件が一本化されました。

このページの先頭へ