意外と知らない!?契約書の基礎知識

2014/04/28

意外と知らない!?契約書の基礎知識

1.契約書の基礎知識

1)「口約束」と「契約書」は違うのか?

契約は口約束でも成立しますが、ビジネスが口約束で行われることはほとんどなく、各種条件は「契約書」にまとめられます。契約書を作成することで、取引条件をいつでも客観的に確認できるようになるため、「言った」「言わない」など、契約をめぐる初歩的なトラブルを回避することができます。また、裁判で争うことになった場合も、契約書は有力な証拠となります。さらに、契約書を作成することで言い逃れできなくなるため、相手方に契約内容の履行を促す効果が期待できます。

NEW!!

RISE UP CLUBはリニューアルしました!

本サイトは新しい「RISE UP CLUB」に移行しました。新RISE UP CLUBでは、これまで以上に経営課題の解決に役立つ情報やサービスが盛りだくさんです。会員の皆様が直面する個別の課題にも的確にお応えします。ぜひご利用ください。(※閲覧には会員登録が必要です。)

新RISE UP CLUBへ

この記事の執筆者:日本情報マート

中小企業の頼れる情報源として、経営者の意思決定をサポートするコンテンツを配信。「開業収支」「業界動向」「朝礼スピーチ」など2000本を超えるコンテンツを有するほか、年間200件以上の市場調査も行っている。 現在、50を超える金融機関に情報を提供している。