導入環境 U-LINE Xtra Ver.1 および Basicコース(共通)

対応OS

(*1)

Windows(R)10(64ビット版、32ビット版)(*2)
Windows(R)8.1(64ビット版、32ビット版)(*3)
Windows(R)7(64ビット版、32ビット版)(*4)

  • ※Windows(R)10/8.1のHyper-Vなどの仮想環境、Windows(R)7のXPモード、日本語以外のOS、サーバーOS、VirtualPC上のOS、Bootcamp上のOSには対応しておりません。

CPU

1GHz以上(2GHz以上を推奨)
メモリ

64ビット版:2GB以上を推奨
32ビット版:1GB以上(1.5GB以上を推奨)

  • ※より快適な状態で動作させるためには、メモリを増設することを推奨します。
HDD使用量 約600MB以上
外部インターフェース ご使用になる通信機器と同一の外部インターフェースが必要です。
ディスプレイ (800×600ドット)以上(XGA(1024×768ドット)以上を推奨)

モデム・TA規格

(通信するPCごとに必要)

・全二重モデムご利用の場合

通信回線: 公衆回線(アナログ)
通信規格: ITU-T V.90/V.34/V.32bis/V.32に準拠したもの
通信速度: 9600bps〜56000bps

・半二重モデムご利用の場合

通信速度: 2400bps

・TAご利用の場合(ターミナルアダプタ)

通信回線: INSネット64
通信規格(同期): 非同期/同期PPP変換機能を持つもの
通信速度(同期): 64Kbps
  • (*1) 
    日本語版のみ対応。
    ANSER-SPCを利用される際には、「.NET Framework3.5」が必要です。
  • (*2) 
    Windows(R)10は、Windows(R)10 Enterprise/Pro/Homeのみ対象となります。
  • (*3) 
    Windows(R)8.1は、Windows(R)8.1 Enterprise/Windows(R)8.1 Pro/Windows(R)8.1のみ対象となります。
  • (*4) 
    Windows(R)7は、Windows(R)7 Ultimate/Enterprise/Professional/Home Premiumのみ対象となります。
  • ● 
    Windows(R)10/8.1/7でご利用の場合は、[簡易ユーザ切替]を使用しての同時実行には対応しておりません。また、圧縮ドライブ(フォルダ)、暗号化フォルダでの運用や休止モード、スリープモード、リモートデスクトップ には対応しておりません。
    Windows(R)10/8.1に代表されるタッチ操作には対応しておりません。
  • ● 
    ソフトはCD-ROMでのご提供になりますので、CD-ROMドライブをご用意ください。
  • ● 
    BIFダウンロード機能は半二重通信ではご利用できません。
  • ● 
    XtraでTAを使用して当行へ接続する場合、発信者番号を「呼毎通知許可」にする必要があります。
  • ● 
    連続用紙には対応しておりません。
  • ● 
    Windows(R)は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
このウィンドウを閉じる

このページの先頭へ