環境関連融資商品「排出権創出支援ローン」により名城食品株式会社で第1号案件成約のお知らせ

平成23年9月8日
株式会社三菱東京UFJ銀行

株式会社三菱東京UFJ銀行(頭取:永易克典)は、三菱UFJリース株式会社(代表取締役社長:村田驤黶jとともに、今年5月にリリースした「排出権創出支援ローン」(以下、「本商品」)を7月20日に名城食品株式会社と成約しました。

本商品は、三菱東京UFJ銀行と三菱UFJリースが排出権創出のサポート、排出権の買取り、事業資金のご融資を通じて、中堅中小企業の節電・省エネを支援することを目的とした融資商品です。
名城食品株式会社は、本商品の導入により、滋賀工場と下関工場で省エネ型ボイラーに更新し、年間約1,000tを超えるCO2排出量の削減(排出権創出)が可能となる予定で、創出された排出権(国内クレジット)については、申請から買取りまで、三菱東京UFJ銀行と三菱UFJリースが、サポートさせていただくことになります。
相応のエネルギーを利用する食品業界において、名城食品株式会社は、省エネ型のボイラーに変更することで、環境・省エネへの取り組みを積極的に実践しています。

以上

《ご参考》

このウィンドウを閉じる

このページの先頭へ