環境関連融資商品「排出権創出支援ローン」の取り扱い開始

平成23年6月10日
株式会社三菱東京UFJ銀行
三菱UFJリース株式会社

株式会社三菱東京UFJ銀行(頭取 永易克典)と三菱UFJリース株式会社(代表取締役社長 村田驤黶jは、排出権(国内クレジット※)を活用して、お客さまの省エネ投資をサポートする「排出権創出支援ローン」(以下、「本商品」)の取り扱いを開始しました。

本商品は、三菱東京UFJ銀行が、環境関連における一定の条件を充足したご融資をした後に、お客さまの排出削減事業により一定の排出権が創出された場合、その1年分の排出権を三菱UFJリースが市場価格で購入する商品です。

お客さまは、本商品を導入することで、1省エネ投資の推進によるランニングコストの低減、2排出権の売却収入による投資回収期間の短縮化、3積極的な省エネ取り組みのPR効果等のメリットが期待できます。本商品は、三菱東京UFJ銀行のネットワークと三菱UFJリースの排出権ビジネスのノウハウを活用した商品です。排出権の創出から購入を一貫して支援するスキームを取り入れた融資商品としては、国内で初めての取り組みとなります。

※ 国内クレジット:
京都議定書目標達成計画(平成20年3月28日閣議決定)に基づき、日本国内で実施した排出削減事業により実現された温室効果ガス(CO2)の排出削減量に対して、国内クレジット認証委員会が認証した排出削減量。

三菱東京UFJ銀行と三菱UFJリースは、今後とも、本商品を通じて、お客さまの節電対応を含めた幅広い省エネ投資の推進に貢献してまいります。また、両社が持つ様々な機能・サービスのご提供を通じて、お客さまが行う環境対策を積極的にサポートしてまいります。

以上

(出所:経済産業省公表資料)

このウィンドウを閉じる

このページの先頭へ