[ ここから本文です ]

「ファイル交換ソフト」のご利用について

ファイル交換ソフト(※1)を使って、お客さまのパソコンからインターネットバンキングのパスワードなどを記載したファイルなどを不正に取得し、お客さまの預金口座から心当たりのない振り込みがされるという悪質な事件が発生しています。
こうした被害に遭わないため、パソコン内にパスワードなどの重要な情報を記載したファイルや電子証明書のバックアップファイルを保存しないようにしてください。
また、ファイル交換ソフトを経由して、ウィルスに感染したりスパイウェアなどが侵入し、セキュリティ上の問題が発生する可能性もありますので、ファイル交換ソフトはインストールしないことをお勧めいたします。

  • (※1) 
    不特定多数の第三者間で、パソコンにあるファイルを簡単に交換できるようにするソフトウェアです。
    代表的なソフトは「Winny(ウィニー)」「WinMX(ウィンエムエックス)」「Share(シャレ、シェア)」など。
  • ログインパスワード、取引実行パスワード、確認番号などを記載したファイルを保存しないでください。
  • セキュリティ対策ソフト(スパイウェア対応のもの)のご利用をお勧めします。
  • 三菱東京UFJダイレクト、BizSTATIONでは、ログイン時に前回のログイン時刻が表示されます。不審なログイン時刻表示が無いか、都度ご確認ください。
  • インターネットカフェなど、不特定多数の方が操作できる場所に設置されているパソコンを使ってのインターネットバンキングのご利用は、控えていただくことをお勧めいたします。

万一、不審な取引などをご確認された場合は、三菱東京UFJ銀行コールセンター、BizSTATION/EBセンターへご連絡をいただくとともに最寄りの警察署にもご相談いただくようお願いいたします。

このページの先頭へ