ページの先頭です

富本銭について

飛鳥池遺跡の発見と富本銭

平成10年の夏、奈良県の飛鳥池遺跡(あすかいけいせき)から、約40枚の富本銭(ふほんせん)が見つかりました。その富本銭は、完成品や失敗作、さらには鋳型(いがた)や鋳棹(いざお)などとともに7世紀後半の地層から発掘されており、それまで日本最古の貨幣として考えられていた和同開珎(わどうかいちん[ほう])のつくられた708年[和銅(わどう)元年]よりもさらに古いことが、初めて明らかになりました。
かつてそこは、藤原京の繁栄を支える官営の工業団地でした。そのなかで富本銭は、仏具や装飾品、武器などとともに製造されていました。以前にも富本銭は、幾つかの発見例はあったものの、数も少なかったために、通貨ではなく副葬品などの「まじない銭」[厭勝銭(ようしょうせん)]だったという説が有力でした。また、これまでは「日本書紀」683年[天武(てんむ)12年]の記述にある「今より以後必ず銅銭を用いよ」と書かれている銅銭が一体何を指しているのかが謎でしたが、今回の発見により、それが富本銭である可能性がますます高くなりました。

  • 飛鳥池遺跡(奈良県明日香村)
  • 飛鳥池遺跡(奈良県明日香村)

富本銭の意味

銅銭表面の上下にある「富本」の文字には、「国や国民を富(と)ませる本(もと)が貨幣である」という内容の、中国の古典から引用されたとみられています。また左右に並んでいる7つの星は、陰陽五行(いんようごぎょう)思想の陽(日)と陰(月)、そして木火土金水の五行を総称した七曜(しちよう)を現わし、貨幣が、形[円形方孔銭(えんけいほうこうせん)]からも銭文(せんもん)[貨幣の名称]からも、天地万物すべて調和のとれた状態であるという、中国の伝統的な貨幣思想を具現化しているものと考えられています。


富本銭発見の意義

富本銭はその重さや大きさが中国の唐の通貨、開元通宝(かいげんつうほう)とほぼ同一規格である[和同開珎はそれらよりも軽い]ことから、開元通宝をモデルにした日本最古の貨幣という説が有力になってきています。しかし、現時点では出土例も少なく、和同開珎との関係、通貨としての価値や機能、流通範囲など、まだ課題も多く残されており、今後の研究と新たな資料の発見が待たれています。

  • 協力:奈良文化財研究所
  • 協力:奈良文化財研究所

富本銭は最古の貨幣か

歴史の教科書には、708年[慶雲(けいうん)5年]に武蔵(むさし)の国秩父郡(ちちぶごおり)から銅が献上され、年号を和銅とあらため、初めて和同開珎(わどうかいちん[ほう])という貨幣[銀銭と銅銭]が造られたと書かれています。しかし奈良県の飛鳥池遺跡(あすかいけいせき)から発見された富本銭は、それ以前の7世紀後半に飛鳥の中心地で作られていることが分かりました。日本最古と考えられる富本銭について、この機会に考えてみませんか。


富本銭の大きさ

直径平均2.44センチ、厚さ1.5ミリ前後。中央に6ミリ角の穴があり、重さは4.25グラムから4.59グラム。同時代の唐の銅銭、開元通宝(かいげんつうほう)と重さも大きさもほぼ同じ規格で作られています。


その他の出土例

最初の富本銭は、1985年[昭和60年]奈良平城京(へいじょうきょう)跡で和同開珎などとともに発見されました。その後、藤原京(ふじわらきょう)跡(奈良県)、難波京(なにわきょう)跡(大阪市)、さらに長野県下伊那郡(しもいなぐん)高森町の武陵地(ぶりょうち)古墳や飯田市座光寺(ざこうじ)の遺跡からも見つかっています。しかし40枚以上もの数が鋳型(いがた)や鋳棹(いざお)とともに発見され、その製造地として特定されたのは飛鳥池遺跡が初めてです。


古代の貨幣の作り方

このころの貨幣(穴あき銭)は、まず貨幣の元型を粘土板ではさんだもので鋳型(いがた)を作り、その中に溶かした銅を流し込んで作られていました。銅が冷えて固まったあと鋳型からはずし、1枚1枚タガネで切り離して整形していました。鋳型をはずしたばかりの貨幣は、製作前のプラモデルのように湯道(ゆみち)でつながっていて、まるで木のように見えることから「金のなる木」とも呼ばれています。


貨幣の価値

富本銭の価値がどのくらいであったかは、まだ分っていませんが、奈良時代の和同開珎は1枚[1文]が1日分の労賃だったとされ、白米1升2合[約1.8kg]が買えました。


富本銭と日本貨幣史の流れ

西暦 年号 貨幣の動き
621 推古(すいこ)21年 中国[唐]で開元通宝発行
660頃 斉明(さいめい)5年 この頃無文銀銭(むもんぎんせん)が使われる
683頃 天武(てんむ)12年 この頃富本銭が発行される?
708 和銅(わどう)元年 和同開珎発行(銀銭・銅銭)
西暦 年号 出来事
630 舒明(じょめい)2年 遣唐使(けんとうし)の派遣が始まる
645 大化元年 大化の改新始まる
663 天智(てんち)2年 唐(とう)・新羅(しらぎ)連合軍と白村江(はくそんこう)で戦い大敗[多数の百済人帰化する]
672 天武元年 壬申(じんしん)の乱
694 持統(じとう)8年 藤原京遷都(せんと)
701 大宝元年 大宝律令制定
708 和銅元年 武蔵国より銅が献上される
710 和銅3年 平城京遷都
711 和銅4年 蓄銭叙位令(ちくせんじょいれい)
西暦 年号 日本書紀・続日本紀の記述
683 天武12年 4/15「今より以後、必ず銅銭を用いよ。銀銭用いることなかれ」
694 持統8年 3/ 2「大宅朝臣麻呂(おおやあそんまろ)らを鋳銭司(ちゅうせんし)に命ずる」
708 和銅元年 1/11「武蔵国秩父郡より和銅(にぎあかがね)が献上される」
708 和銅元年 5/11「始めて銀銭を発行する」(和同開珎)
708 和銅元年 7/26「近江(おうみ)の国で銅銭を作らせる」
708 和銅元年 8/10「始めて銅銭を発行する」(和同開珎)
711 和銅4年 9/18「天下の銀銭を禁ずる」
711 和銅4年 5/15「穀(こく)六升(しょう)を以て銭一文に当てる」[穀六升=白米一升二合]